トップページ > スタジオ・モニターヘッドホンの新定番モデル ヤマハ「HPH-MTシリーズ」をプロが試聴! | 第2回ゲスト:石原愼一郎(EARTHSHAKER)


帯

第2回ゲスト

石原愼一郎(EARTHSHAKER)

試聴モデル

HPH-MT220

オープンプライス(¥25,000前後)



スタジオ定番のNS-10Mをはじめ、MSPシリーズやHSシリーズなど、モニタースピーカーの名器を数多く生み出しているヤマハが、その技術を結集させて開発したヘッドホンが「HPH-MTシリーズ」です。音質の良さで注目されている同シリーズの性能を、プロの耳でチェックしてもらうというこの短期連載コーナー。第2回目はアースシェイカーの石原愼一郎さんの登場です。

取材:井桁 学


SHARAさん試聴風景

これまで使っていたヘッドホンと比べて、本機の解像度の高い音と、装着感の良さには非常に驚いたという



 今回はHPH-MT220をアビッドのHDOMNI (オーディオインターフェイス)のヘッドホン端子につないで、アビッドPro Tools 11で24ビット/48kHzのセッションファイルを再生して試聴をしつつ、iPhoneに入っているMP3ファイルでもチェックをしました。
 本機を実際に着けてみると装着感が良くて、頭部がしっかりホールドされるので安定感がありますね。イヤーパッドの感触も耳に優しくて、長時間使っていても耳が痛くならないし、疲れないです。
 サウンド的には、色付けがされていない正直な音が出るという印象を受けました。それと、ハイからローまで素直にバランス良く出るのも特徴ですね。その印象はMP3のファイルを聴いても変わらなくて、かなりのポテンシャルの高さを感じました。あと、ディレイの成分がとてもクリアに聴こえるので、フィードバックの減衰とかがすごくわかりやすいんですよ。音の切れ際まで見えるのには本当にビックリしました。
 あと、個人的にとても良かったのが、小さい音量でもきちんとしたバランスで再生できる点ですね。大きい音でないと良さが発揮できないヘッドホンが多い中、これは小さい音でも大きい音でも出音の印象が変わらないのが素晴らしい! それに、まるでスピーカーで聴いているような音像を持っていて、しかもスピーカーよりもクリアな感じも受けました。これまでは「ヘッドホンとスピーカーの音は違う」と割り切って作業をしていましたけど、本機はスピーカーと切り替えて聴いていても違和感がまったくないし、本当に信頼できます。録音やミックス、リスニングと、どの用途にも向いていますけど、音質にクセがないので特にミックスには最適だと思いました。
 これはワールドワイドでモニターヘッドホンの新たな定番になるモデルだと思います。

カールコード

イヤーバッドの内側には穴が8つ空けられており、これによって低域の締まりが良くなるなど、音質をチューニングするうえで重要な要素となっている


HPH-MT220

製品概要
 HPH-MT220は、音楽制作現場での繊細なモニタリングのニーズに応えるべく開発された音質重視のヘッドホンだ。同社のモニタースピーカーで高く評価されている“原音を忠実に再生する”というコンセプトを引き継いでおり、「CCA Wボイスコイル」を採用することでクリアかつレンジの広い音を実現している。耳に優しくフィットするプロテインスキンと低反発クッションを使用したイヤーパッドも特徴だ。




SPEC
●形式:密閉ダイナミック型 ● 再生周波数特性:15 Hz〜28 kHz  ●インピーダンス:37Ω(1kHz ) ●最大入力:1,600mW ●出力音圧レベル( 1 kHz / 1 mW ):97 dBSPL  ● ドライバ:Φ45 mm 、CCAWボイスコイル ●ケーブル:1.2 m カールコード(3.5 mmステレオミニプラグ) ●重量:415g  ●付属品:6.3mmステレオ標準プラグ変換アダプター


問:(株)ヤマハミュージックジャパンプロオーディオ・インフォメーションセンター
TEL:0570-050-808
http://www.yamahaproaudio.com/japan




石原愼一郎

アースシェイカーのギタリスト/ソングライター。1983年にアルバム『EARTHSHAKER』でメジャーデビュー。そのメロディアスな楽曲で日本のヘヴィメタル・シーンを代表するバンドとして大いに人気を博す。また、mintmintsというバンドやソロでも活動しており、 5月には2ndソロアルバム『Jet'aime』を発表した。

SHARA写真


コメント動画