トップページ > EDMの定番DAW「FL STUDIO 12」の新機能を大紹介!

EDMトラックメイクの定番DAW「FL STUDIO 12」の新機能を大紹介!


「FL STUDIO」イメージ

有名ビートメイカー/DJが愛用しているEDM制作のマストアイテム「FL STUDIO」が、バージョン12へとアップデートされました。早速、主な新機能とEDM制作に便利な点をチェックしましょう。


 「FL Studio 12」では、従来のプラグインの改良や新規プラグインの追加が行なわれ、より多彩なサウンドデザインが行なえるようになりました。主なところでは、新しいチューブディストーションとリアルなアンプシミュレーションが追加された歪み系エフェクト「Hardcore」や、Soundiron社のインパルスライブラリーが追加されたリバーブの「Fruity Convolver」などが新たに搭載されています。また、FLの全機能を網羅した最上位版の「シグネチャーバンドル」では、シンセ音源の「Hamless」や、「Newtone」、「Gross Beat」、「Pitcher」などのピッチ修正/タイムストレッチ系エフェクトが追加されました。


Harmless

Harmless

EDM系の曲作りにおいて
多目的に使用できる本格派シンセ

アナログシンセとデジタルシンセの、それぞれの音色作成プロセスの利点を併せ持ち、本格的なサウンドデザインが行なえるシンセ音源。EDMのサウンドに不可欠な、音圧感のあるシンセベースから、重厚で広がりのあるシンセパッドまで音色の守備範囲も広く、様々なジャンルの楽曲制作で使える


Pitcher

Pitcher

シンプルな操作性で使い勝手のいい
ピッチチェンジ系エフェクト

リアルタイムのピッチ修正と、原音にハーモニーを加えるハーモナイズ機能を備えたボーカル用プラグイン。ジェンダーとフォルマント調整によって様々な音(声)質に調整でき、ケロケロボイス作りにも使える。また、MIDIキーボードの演奏とピアノロールに打ち込んだMIDIデータで、ハーモニーを指定できる


Newtone

Newtone

演奏したフレーズのピッチや
タイミングの修正を行なうプラグイン

オーディオ録音されたボーカルや楽器の、フレーズのピッチを修正したり、演奏タイミングを調整するためのプラグインエフェクト。積極的に活用すれば、メロディラインを違うフレーズに変えることも可能だ。また、ワープモードも装備しており、オーディオ波形のスライスやタイムストレッチ編集なども行なえる


Gross Beat

Gross Beat

シンプルなビートを複雑なフレーズに
エディットするプラグイン

打ち込んだ演奏データを書き換えることなく、演奏のピッチやタイミング、音量をリアルタイムで変化させる特殊効果が得られるプラグイン。EDMでは定番のサイドチェインを使ったシンセベース・フレーズも、このプラグインだけで手軽に再現することが可能だ。また、曲中に印象的なギミックが欲しい時にも有効


 もう1つの大きな改良点として、ミキサーのデザインが一新されていることが挙げられます。6種類のレイアウトから選択可能で、作業がしやすいように自由にリサイズすることもできます。また、複数のフェーダーの選択と操作など、トラックグループの設定や管理がしやすくなっている他、センドチャンネルをエフェクトのセンド/リターンのためだけでなく、信号の流れを自由に設定するためのバスとして使えるようになるなど、ミックスをするための使い勝手が格段に向上しています。 使用するトラック数が多くなりがちなEDMの曲作りにおいて、ミックスのしやすさは重要なポイントです。これらの部分の改良によって、曲作りに一層集中しやすいDAWソフトになったと言えるでしょう。


新しいミキサーには目的に合わせて選べる6種類のレイアウトを用意

 6種類のミキサーレイアウトは、例えば全体のバランス調整やエフェクトのルーティングを設定する際には「コンパクトレイアウト」、個々のトラックでインサートエフェクトの設定や細かいボリュームやパンの調整を行ないたい時には「エクストララージ」を選ぶなど、目的に合わせて使い分けると効率良く曲作りを進めていくことができます。

エクストララージ

▲エクストララージ

.コンパクトレイアウト

▲コンパクトレイアウト



攻略BOOK

FL STUDIO 12攻略BOOKも発売中

サウンド・デザイナーより、「FL STUDIO 12」の使い方をわかりやすく解説した攻略本が発売中だ。FLの使い方はもちろん、曲作りの流れやEDMのトラックの作り方まで網羅している。

価格:¥2,800



問い合わせ:(株)フックアップ

TEL:03-6240-1213

http://www.elektron.co.jp

文:内藤 朗