トップページ > ロードボックス KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME」をレビュー!

ロードボックス KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME」をレビュー!

KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME」使用イメージ

真空管アンプをキャビネットにつながずにライン録音が可能!

 ロードボックスは、ギターアンプのスピーカーアウトに、スピーカーの代わりに接続するデバイスです。スピーカーエミュレート機能を搭載したロードボックスを使えば、スピーカーを鳴らさずにアンプヘッドの信号をオーディオインターフェイスに入力し、DAWソフトに録音することが可能になります。 最大の魅力はチューブアンプをキャビネットに接続しなくてもライン録音ができることで、真空管ならではの音の暖かみや出力トランスの歪みといった、おいしい要素を余すことなく録ることができます。
 使用方法は、アンプのスピーカーアウトからロードボックスのインプットにスピーカーケーブルで接続し、ロードボックスのアウトプットからオーディオインターフェイスのラインインにシールドで接続します。 そして、様々なモデルが発売している中、特にオススメがコッホのDB60です。コッホは、真空管のギターアンプも発売しているメーカーで、ギターアンプの本当のサウンドを知っているスタッフが制作しているので、プロのギタリストやエンジニアも納得のサウンドクオリティです。
 また、サイズが幅11cm奥行き18cmとコンパクトで、写真のように卓上に手軽にセッティングが行なえます。さらに本体に搭載されているスピーカーエミュレート機能は、スピーカーに対するマイクの角度を変えたり、キャビネットの特性を1発もしくは4発に切り替えることができるようになっているので、非常にリアルなサウンドで、キャビネットを鳴らしてマイクで録音したサウンドと比べても遜色のないクオリティを持っています。 いい音で手軽に真空管アンプを録音するならこのDB60で決まりです。

KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME

▲DB 60は宅録に便利なダミーロード(ロードボックス)で、アンプ出力を1% 、0.25% 、0.1%の3段階に減衰させるアッテネーター回路も搭載している。スピーカーエミュレート機能では、マイクの狙い場所(エッジ/センター)も選択可能だ。

価格:¥25,000



KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME

▲アンプヘッドのスピーカーアウトからロードボックスのインプットへ接続する際は、シールドではなくスピーカーケーブルを使用する

KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME

▲アウトはフォーン、RCAピン、ミニプラグの3つから選択可能だ

KOCH「Dummybox HOME DB60-HOME

▲キャビネットの特性(1発 or 4発)や、マイキングを選択できるスイッチを装備している


●問:オカダインターナショナル
http://www.okada-web.com