トップページ > オーディオテクニカ「ATH-M70x」&「ATH-R70x」 | プロが求める音質をとことん追求した密閉型とオープンエアー型のフラッグシップモデル


新機能新機能


 まず「ATH-M70x」は、堅牢で軽量なアルミ素材を採用しており、非常にスリムでスタイリッシュに作られています。耳との密閉度が非常に高い高遮音構造になっているため、ヘッドホンで再生している音(クリックや演奏音など)が外に漏れにくく、例えばボーカルを録音する際などにヘッドホンから漏れる不要な音がマイクに入ってしまうといった問題を防げます。また、自分で演奏している楽器の出音が大きいドラマーのモニター用のヘッドホンとしてもオススメです。
 サウンドは原音に忠実で、アンサンブルの中でも各パートの音がクリアに分離されて聴こえてきます。レコーディング作業において、非常に正確なモニタリングが可能なモデルと言えるでしょう。
 一方の「ATH-R70x」は、総重量210gと非常に軽量で、無駄を一切そぎ落とした精練されたデザインをしています。サウンド面での最大の特徴は、オープンエアー型の特性を活かした非常にナチュラルで繊細な質感が得られる点です。
 オープンエアー型は、ハウジングの外側が開放されているために位相への影響が少なく、音質の変化を最小限に留めてドライバを一番自然に振動させることができる構造となっており、音の部分だけを考えるとヘッドホンの理想的な構造と言えます。また、モニタースピーカーに近い空気感のあるサウンドで再生してくれるので、ミックスや完成した曲の最終確認などに最適でしょう。
 どちらのモデルも同社の長年に渡るヘッドホン作りの技術を集めて設計されたプロ向けのモデルで、密閉型、オープンエアー型それぞれの長所を最大限に活かし、逆に短所となりうる部分は徹底的に改良されています。それでは両モデルの特徴をさらに詳しくレポートしていきましょう。

Q4

 密閉型(ATH-M70x)は、ヘッドホンの音を外へ漏らさずに外部からの音も遮断するために、本体全体がボディ(イヤーカップ)で覆われている。そのため外部の環境に影響されづらく、精細な音まで正確にモニタリングすることができ、スタジオでレコーディング時に使用されることが多い。

 オープンエアー型(ATH-R70x)は、音がボディの外側の穴から抜けるために耳にかかる負担が少なく、スピーカーで聴いているような空気感のある自然な音でリスニングすることができる。そのため長時間の作業になりがちなミックスや、オーディオのリスニングなど幅広く使用されている。



新機能 新機能
新機能

ATH-M70xは、大口径(φ45mm)の強磁力CCAWボイスコイルドライバを採用しているためか、高解像度で歪み感の少ないパワフルなサウンドがダイレクトに耳に伝わってきました。それと、バランスの微調整や定位感の確認をする際に、とても判断がしやすかったですね。
 少し固めのイヤーパッドがしっかりと耳をホールドしてくれるので、ボイスコイルから耳への距離がほぼ一定に保たれますし、リファレンスモニターとして安心して使用することができました。

新機能

 着脱できるケーブルとイヤーパッドやヘッドパッドが、非常に頑丈なフレームと組み合わされていて、それぞれが万一破損しても容易に交換できるのがいいですね。
 3本の着脱コード(1.2mのカールコード、3mのストレートコード、1.2mのストレートコード)が付属しているので、楽器演奏時のモニタリングからリスニングまで様々な環境で使い分けられます。また、イヤーパッド部分が90度回転させられるのと、専用ポーチが付属しているのも魅力です。


新機能
新機能 新機能
新機能

 同社のプロ向けのモデルとしては初となるオープンエアー型専用に開発されたという新しいドライバは、非常に高精細なサウンドを実現しています。
 全帯域において非常にフラットな特性を持っており、音像が高解像度なのに加えて位相のバランスも良好です。ミックスで使用してみましたが、イコライザーやコンプ、リバーブ、ディレイなどのエフェクターのかかり具合もわかりやすく、曲を仕上げる際の最終判断をするのにとても役立ちました。

新機能

ヘッドバンド部はスリットが入っており、徹底した軽量化と装着感の良さを追求しています。イヤーカップの外面はアルミニウム製ハニカム構造のパンチングメッシュが採用されていて、自然で空間的に広がりのある音を再生してくれました。
 優しく耳を覆ってくれる通気性のいいイヤーパッドは耳に自然になじみ、3D方式のウイングサポートで頭部を優しくホールドしてくれるので疲労感もなく、長時間のモニタリングでも快適に使用することができました。


新機能

▲新設計のイヤーパッドは、耳に装着した時のフィット感が優れており、高い遮音性能を発揮してくれるうえ、長時間使用しても疲れにくい素材を採用している

新機能

▲ケーブルは着脱式で、用途に合わせてケーブルの長さを使い分けられる。取り付け方法は本体に挿した後に回すタイプで、誤って外れてしまうことはない

新機能

【SPEC】

●形式:密閉ダイナミック型

●ドライバ:φ45mm、CCAWボイスコイル

●出力音圧レベル:97dB/mW

●再生周波数帯域:5〜40,000Hz

●最大入力:2,000mW 

●インピーダンス:35Ω

●重量:280g

●付属品:標準/ステレオミニ変換プラグ、ポーチ、着脱式カールコード×1(1.2m)、着脱式ストレートコード×2(3m、1. 2m)

新機能
新機能

▲新しく設計されたスリットの入ったヘッドバンドと3D方式のウイングサポートにより、強過ぎず、かつ緩過ぎずフワッと頭に乗せるような感覚で装着できる

新機能

▲ケーブルは着脱式で、L /Rの区別なく取り付けられるデュアルサイドコードを採用。また、ヘッドホンとコードを収納できるポーチも付属している

新機能

【SPEC】

●形式:オープンバックダイナミック型

●ドライバ:φ45mm

●出力音圧レベル:98dB/mW

●再生周波数帯域:5〜40,000Hz

●最大入力:1,000mW

●インピーダンス:470Ω

●重量:210g

●付属品:3mコード(着脱式)、ポーチ



新機能

間瀬哲史

(マセ テツシ)

ジャンルにとらわれない制作スタイルで数多くのレコーディングセッションに携わる一方、坂本龍一のヨーロッパツアーのPAオペレーターを務めるなど、幅広いフィールドで活躍しているエンジニア。また、自らのスタジオ「cafe2st」を拠点に、機材開発やスタジオプランニングなども自ら行なっている。

問い合わせ先


(株)オーディオテクニカ

TEL:03-6801-2080

http://www.audio-technica.com/monitorheadphones/jp/