トップページ > ソニー「Movie Studio Platinum 13」 | DAW感覚で操れるムービー編集ソフト
ライン6「AMPLIFi 75」
ハイクオリティな動画をネットで配信したい!

DAW感覚で操れるムービー編集ソフト

ソニー

Movie Studio Platinum 13

投稿作品の再生数を増やすには、アップする動画のクオリティが重要です。「できるだけいい音で、プロっぽい動画を作りたい」という人のニーズに応えてくれるのがWindows用動画編集ソフト「Movie Studio Platinum 13」です。





Movie Studio Platinumは、ほぼすべての映像フォーマットに対応した動画編集ソフトです。動画をリアルタイムにプレビューでき、DAWソフトと同様の操作感で編集を行なえるのが特徴です。
 動画に様々な効果を付けるための付属エフェクトは数百種類に及び、本格的な2D/3Dビデオエフェクトやフィルターが使えるので、イメージ通りの演出が効果的に行なえます。また、DAWソフトのテクニックをそのまま使うことができるため、タイムストレッチやピッチシフトをはじめ、5・1chサラウンドのサウンドトラックの作成まで、DAW感覚で行なうことができるのです。
 また、作成した動画を動画投稿サイトへアップしたり、ブルーレイディスクへ書き込んだり、さらにはカスタムメニュー付きのDVDを作ることも本ソフトだけでできるので、作品の配布にも役立ちます。
 このような本格的なビデオ編集ソフトでありながらも、操作手順の解説が充実していて、順を追って使い方を覚えていけるのがうれしいポイント。「動画制作は初めてだけど、いい音でプロのような映像を作って動画サイトへ投稿したい」という人にオススメできる、初心者に優しいツールです。




Movie Studio Platinum 13
【価格】
オープンプライス(市場予想価格:¥11,800前後)
【最低動作環境】
●OS:Windows 7 / 8(32 / 64ビット)
●CPU:2GHz以上
●メモリ:2GB(4GBを推奨)
●HDD空き容量:500MB以上
●GPUメモリ:512MB
●要インターネット接続

Movie Studio Platinum

Movie Studio Platinumには同社のACIDのようなユーザーインターフェイスが採用されている。オートメーションの設定法やファイルの扱い方などに通じる部分が多く、DAWユーザーにはなじみやすいビデオソフトだ


メニュー

動画の色合いや画質を、目的に応じた質感に補正したり調整することができる。本格的な映像編集をシンプルな操作で行なうためのメニューも充実している


ループ素材

オーディオトラックに貼り付けたループ素材は、マウスでドラッグして伸ばすだけでリピートさせることができる。ゲインやパンもDAWソフトのように調整することが可能だ



様々なビデオファイルが読み込めて、
ジャケ写などの挿し込みもできる

 本ソフトはフォーマットを気にせずにビデオカメラから映像を読み込むことができ、AVI、MOV、WMV、MPGなど、異なる形式のファイルを混在させて編集することができます。また、JPG、BMP、PNGなどの静止画を読み込めるので、CDのジャケ写を挿し込んだり、スライドショーを作ることも可能です。

動画/オーディオのファイル形式

ファイルを開く際に表示されるダイアログでも、動画/オーディオのファイル形式のほとんどに対応していることがわかる



バンド名や曲名を動画に表示させる
演出が可能

 テキスト(文字)を動画の中に表示させることも、専用のメニューで簡単にできるので、バンド名や曲名を表示させる演出もお手のもの。また、作成したテキストをアニメーション化するプリセットも用意されているので、動きのあるキャプションを手早くイメージ通りに仕上げられます。

テキスト編集を行なう画面

テキスト編集を行なう画面。編集したテキストデータをテキストトラックへ配置することで、好みのタイミングで表示させることができる



手元にフォーカスしたサブ画面を
挿し込むことができる

 メイン画面の中に、サブ画面で別の動画を組み込む「ピクチャインピクチャ」や、「ワイプ抜き」といった、2つのビデオカメラの映像を組み合わせる高度な映像テクニックを使うことも可能です。この機能を利用すれば、例えば演奏中の動画の中に手元にフォーカスしたサブ画面を組み込むこともできます。

ピクチャインピクチャ機能

ピクチャインピクチャ機能を使用して、動画の編集を行なっている例。左のエリアでレイアウトを決め、右の画面にそのプレビューが表示されている。別アングルの動画をサブ画面に表示させることで、より映像の情報量が増える



好きなアーティストのPVの色合いを
自分の動画に適用させる

 他の写真や動画の色合いを解析して、自分の動画を、そのイメージに近い色彩感にすることが可能です(カラーマッチング)。例えば、インスタグラムで加工した写真を素材にして映画風の色合いに仕上げたり、好きなアーティストのPVの色合いをキャプチャして、カッコいい映像作品に仕上げることができます。

カラーマッチング

カラーマッチングは、ビデオイベントFXなどのプラグインエフェクトとして使用可能だ。イメージに近い色合いの静止画像と、処理前の映像に近い色合いの静止画像を用意すると、より効果的に映像の色合いを調整することができる



効果的な演出がDAW感覚で行なえて
本格的なMVも作れる

 トラックに配置したビデオクリップは、DAWソフトでオーディオ編集を行なうのと同じ感覚で編集することができます。例えば、タイムストレッチで演奏の尺を調整したり、異なる演奏シーンをクロスフェードでつなげたり、ビデオを逆再生(リバース)させるなどの演出がDAW感覚で行なえ、本格的なMVが作れます。

タイムストレッチ機能

タイムストレッチ機能を使って、映像の尺を調整しているところ。DAWと同様、Ctrlキーを押しながらクリップをドラッグするだけで実行できる



DAWソフトと変わらない
マルチトラック・オーディオ編集機能

 本ソフトはDAWソフトと同等のオーディオ編集機能やオーディオプラグインを備えています。タイムストレッチやノイズゲート、マルチバンドコンプなどが豊富に揃っており、VSTプラグインにも対応しているので、DAWソフトで駆使しているテクニックをそのまま使って高音質なビデオを作成できます。

プラグインエフェクト

オーディオトラックで使えるプラグインエフェクトも充実している。コンプ、EQ、リバーブ以外に、タイムストレッチやオーディオの修復エフェクトも含まれており、市販の一般的な波形編集ソフトと同等のスペックとなっている




音楽制作ソフトを含むパッケージも登場!

 このページで紹介しているMovie Studio Platinum 13と、音楽制作ソフトのACID MUSIC STUDIO 10、オーディオ編集ツールSOUND FORGEAUDIO STUDIO 10を含む、お得なオールインワンパッケージ「Movie Studio Suite 13 」(オープンプライス/市場予想価格:¥22 , 000前後)が6月13日に発売され、他社製品ユーザー向けの特別優待版も用意される。
 ACID MUSIC STUDIO 10は、オーディオループを使って素早くトラックを作ることができる音楽制作ソフトで、さらにMIDIやエフェクトを駆使して、作曲やリミックス、ダンスミュージックのトラックメイクまで、プロクオリティで行なえるのが魅力だ。

Movie Studio Suite 13



●問:(株)フックアップ
●TEL:03-6240-1213
http://www.hookup.co.jp/