トップページ > EDM制作におすすめの開放型ヘッドホンをプロのトラックメイカーが試奏レビュー | audio-technica(オーディオテクニカ)「ATH-R70x」

EDMの制作には開放型ヘッドホンを使え!

audio-technica(オーディオテクニカ)

「ATH-R70x」

オープンプライス(¥36,000前後)


ATH-R70x

オーディオテクニカの「ATH-R70x」は、高解像度の音質とモニタースピーカーで聴いているかのような空気感を再生してくれる開放型の最新ヘッドホンです。特に最近のEDMシーンではトラックメイクやミックスで欠かせないモデルとなっています。今回はトラックメイカーmichitomo氏の試奏レビューと併せてその魅力を紹介していきましょう。


 ATH-R70xは、45mmという大口径のドライバユニットを搭載し、全帯域においてフラットな特性を持っている開放型(オープンエア・タイプ)のヘッドホンです。
 ハウジングの外側が細かな蜂の巣状の穴で開放されているために音の鳴りが自然で、ヘッドホンのユニットで再生された音が空気を揺らして耳に伝わるという、モニタースピーカーの鳴りと近い環境を耳元で作り出すことが可能です。つまり、ハウジングの中だけで音が鳴っている(耳に直接伝わる)密閉型のモデルと異なり、余計な低域成分の少ない、どのレンジでもフルフラットに近いサウンドを再生してくれます。
 実は、この「開放型でありながらフラット」という特性はEDMの楽曲制作には重要なポイントです。EDMは、制作した楽曲をクラブなどでそのままPA機器を使って鳴らすことが多いため、制作している時に低域が出過ぎるヘッドホンでモニタリングすると、部屋で制作している時は丁度良くても、クラブでは音が異なって聴こえるという現象が起こってしまいます。作り手と聴き手の音のズレを少なくできるという意味でも、本機はEDMのトラックメイクに最適なモデルと言えるのです。
 また、210gという非常に軽量な点も特徴で、通気性が良く耳を優しく包んでくれるイヤーパッドと相まって、長時間のミックス作業でも疲れを感じさせずに快適に使用することができます。
 ATH-R70xは、たんなる開放型のヘッドホンではなく、モニタースピーカーの代わりになる新発想のモデルです。


【SPEC】
●形式:オープンバックダイナミック型 ●ドライバ:φ45mm ●出力音圧レベル:98dB/mW ●再生周波数帯域:5〜40,000Hz ●最大入力:1,000mW ●インピーダンス:470Ω ●重量:210g ●付属:3mコード(着脱式)、ポーチ

ハウジング

▲ハウジングには同社独自の蜂の巣状の穴が空けられ、本機ならではの空気感のあるサウンドを生み出す。ケーブルは着脱式で、L / Rの区別なく取り付けることが可能だ

ヘッドバンドと3D方式のウイングサポート

▲スリットの入ったヘッドバンドと3D方式のウイングサポートを採用しており、軽量なハウジング部と相まって、頭にフワりと乗せるような自然な感覚で装着することができる


トラックメイカー・レビュー by michitomo

 全体的な音質の傾向は、定位がセンターの音も極端に音量が小さくならずに、モニタースピーカーに近い感覚で聴けます。基本的には全体的にフラットな方向の音で、100Hzより下の音に関しても、しっかりと再現してくれます。特にローランドのドラムマシン「TR-808」のキックのような50Hzあたりにピークがある音でも、ラージモニターやサブウーファーで鳴らしているような質感で再生されます。ローだけに特化せず、上から下までバランス良く音が出て、解像度も極端にならずに程良い感じです。EDMやヒップホップ系の音楽を作る人にとって間違いなく使える1本です。個人的には、気持ちのいい音(ビート)を作るのが重要なEDMの制作においては、粗を探すような密閉型のヘッドホンではなく、このATH-R70xをチョイスすることをオススメしますね。

michitomo

雑食系音楽家、EDMプロデューサー。ジャンルを問わず作・編曲を手掛けているが、特にエレクトロニカ、ハウス、ロック、ブラックミュージックなどのポップなアレンジに定評がある。作品を手掛けたアーティストは、アップアップガールズ(仮)、吉川 友、ももいろクローバー、土屋アンナなど多数。



お問い合わせ:オーディオテクニカ(株)
TEL:03-6801-2080
http://www.audio-technica.com/monitorheadphones/jp/




【オーディオテクニカ関連記事】