トップページ > ヤマハ防音室「アビテックス セフィーネNS」体験レポート | ナチュラルなサウンドが自慢の快適な宅録環境が作れる防音室


ナチュラルなサウンドが自慢の快適な宅録環境が作れる防音室

ヤマハの人気防音室に「アビテックス セフィーネNS」が新登場!

 多くのプロミュージシャンがプライベートスタジオに導入していることでも知られるヤマハの防音室「アビテックス」。この度、新たな技術を採用した新製品「セフィーネNS」が登場しました。その特徴と性能を解説します。また、筆者の体験レポートも紹介しましょう。

文:くぼつよし(エンジニア)

▲音響特性をチェックするエンジニアのくぼつよし氏

 

▲定型タイプのセフィーネNSは、0.8畳〜4.3畳がラインナップされており、設置する部屋の大きさに応じて選べる。本体価格は¥580,000より(0.8畳)


 ヤマハの「アビテックスセフィーネNS(以下セフィーネNS)」は、ナチュラルなサウンドを徹底的に追求して開発された防音室です。独自の構造により「Dr-35」という優れた防音レベルを実現しており、これによって人がうるさいと感じる騒音レベルの音を、気にならない音量まで下げることができます。
 また、内部には同社独自の技術を投入したセフィーネNS専用の「音場壁パネル」が組み込まれているので、設置後すぐにナチュラルな音の響きが楽しめます。さらに、この音場壁パネルは、中央部の吸音材を取り外すことができ、防音室内の音響特性を自在にコントロールできるようになっています。また、音に配慮した換気扇が装備されているのも特徴で、非常に静かな室内空間を実現しています。
 気になるラインナップは、ボーカルやギター、クラリネットやフルートなどの管楽器の練習に最適な0.8畳タイプから、ピアノが設置できる4.3畳タイプまで様々なサイズが用意されています。
 なお、購入する前にじっくり試してみたいという人には、「ヤマハ防音室レンタル」というシステムがあります。このシステムを利用すると、毎月1万3千円程度の料金で、セフィーネNSの0.8畳タイプをレンタルできます。最低15ヵ月の契約で、契約金、配送・組み立て費用は不要です。また、レンタル料を充当しての途中購入も可能です。
 このレンタルシステムを使ってセフィーネNSを導入すれば、近隣に気を遣わずに、楽器演奏や音楽制作を思う存分楽しめます。

▲写真は宅録ルームをイメージして、1.5畳タイプの室内にギターやシンセ、パソコン、モニタースピーカーなどを設置した例。自然な響きと明るい室内で、長時間の演奏や録音作業が快適に行なえる。まさに宅録ルームにピッタリの空間が実現するのだ

セフィーネNS発売記念キャンペーン実施中!



 8月31日までにセフィーネNSを成約した人に、オプション品がもれなくプレゼントされるキャンペーンを実施している。
・0.8畳〜1.5畳タイプをご成約の方=LED照明(写真右)をプレゼント。
・2.0畳〜4.3畳タイプをご成約の方=FIX窓付パネル(写真左)を1枚プレゼント。
・期間=8月31日までにご成約いただき、かつ9月30日までの設置分が対象。

 詳しくは下記ホームページへ。
問:アビテックス(防音室)ナビダイヤル
TEL:0570-070-808
http://jp.yamaha.com/avitecs/

 


FIX窓付きパネルと天井用のLED照明

▲セフィーネのNS室内が明るく開放的になるFIX窓付きパネル(左)と約40,000時間使用することができる天井用のLED照明(右)



エンジニアがセフィーネNSの防音性能を診断!

好みの響きに調整できる新開発の音場壁パネルでプロも納得の音響効果を発揮

 今回は、セフィーネNSの1.5畳高壁タイプを体験しました。外観は白を基調にしていて明るく清潔感があり、自宅のリビングに設置しても高級感を感じるデザインになっています。まずは防音効果からチェックしました。
 方法は、セフィーネNSの室内で大音量で音楽を流したり、ギターを弾いてもらい、室内と外で聴き比べてみました。ドアを閉めると音が小さく聴こえる状態まで音量が下がります。これは近隣や隣の部屋なら、ほとんど聴こえないレベルだと言えます。
 室内は、身長175cmの私が立ち上がっても天井まで十分余裕があり、圧迫感は感じません。床や壁面もしっかりした作りで重厚感があります。実際、室内に入るととても静かで、換気扇の音もかすかに聴こえる程度なので、とても居心地が良かったです。
 室内には縦長の「音場壁パネル」が3枚設置されています。これにより音を吸い過ぎず、適度な響きを残した自然な音質に調整してくれます。気になる周波数帯域もなく、音のはね返りを的確に抑えてくれるので、ディレイ感もありません。ペットフェルト素材の吸音材を外せば、楽器の演奏をする際に適度な響きが残せますし、逆に吸音材を元に戻せばボーカルの録音やミックスの作業時に響きを抑えられるなど、自由にアレンジができます。
 一般的に防音室の施工にはとても時間がかかりますが、セフィーネNSは、専門の業者が半日程度で設置をしてくれるのも魅力です。特に性能の高い防音室と、独自の音場壁パネルを組み合わせて誕生した新しいタイプのセフィーネNSは、宅録にオススメの防音ルームです。

 

音響調整はグリルネットを取り外して吸音材の枚数を調整するだけでOK!




▲セフィーネ専用の音場壁パネルの中央部分は、女性でも簡単に取り外せるグリルネットになっており、その内部にはペットフェルト素材の吸音材が上下3枚ずつ仕込まれている。この吸音材を調節することで室内の残響音の調節が可能だ。なお、両サイドは音の拡散と吸音をする調音部になっている


▲新製品のセフィーネNSは、7月末よりレンタルが開始される。写真は、0.8畳タイプ

 

購入前にセフィーネNSを試せるレンタルサービスを利用しよう!

 新製品のセフィーネNSをはじめ、アビテックスを購入前に試してみたい人には、「ヤマハ防音室レンタル」がオススメです。新品と中古を選ぶことが可能で、レンタル料は例えば0.8畳タイプは¥10,500より、アップライトが入る2.0畳タイプは¥20,700より、となっています。なお、レンタル期間中は、いつでもセフィーネNSを購入することができます。


問:(株)ヤマハミュージックジャパン
事業企画部レンタル・リース課
TEL:0120-381-808


http://rental.yamahamusicjapan.co.jp/rental/c/c30/