トップページ > GENELEC(ジェネレック)「M030」 | EDMやダンスミュージック制作に重要な迫力ある低音が出るスピーカー

EDMやダンスミュージック制作に重要な迫力ある低音が出るスピーカー

GENELEC(ジェネレック)

「M030」

オープンプライス


分離感の良さと解像度の高さを両立し、圧倒的な低音を再生できるスピーカー

 数多くの定番スピーカーを生み出してきたジェネレックのM030は、DAWを中心とした宅録での制作環境で使用することをコンセプトに据えて開発されたスピーカーです。
 「いかにもジェネレック」的なルックスを持っていますが、そのサウンドは今までの同社の製品とは異なります。実際に鳴らしてみたところ、作り手のイマジネーションを掻き立てるような、迫力のある低音が出るのに驚かされました。近年のEDMなどのダンスミュージックの制作で重要な「低音感」は、再生帯域が狭いモデルでは再現できない場合もあります。その点、M030は低域の再生能力が高いので、フロアでの低音の鳴り方をイメージしながら音楽制作ができます。今回は制作にも使ってみたのですが、曲を作っていて非常に楽しい音です。
 トータルの音質としては、明瞭な低音と、グッと押し出された中域に特徴があり、音の速度も速く、輪郭が損なわれずにハッキリとしています。音の分離感の良さと解像度の高さは、「さすがジェネレック」という印象です。特にキック、ベース、スネア、ハットを鳴らしてみると、いかに分離がいいのかがわかります。また、それぞれの楽器の「位置」が見えるので、ミックスでの音質調整に悩んでいる人には特にオススメです。
 なお、背面のスイッチによって、さらに低音をブーストしたり、反対にカットすることも可能です。また、インシュレーターなどの制振アイテムを使用せずに、テーブルにスピーカーを直置きする人のために、専用のEQセッティングが用意されているのもうれしい点です。
 同価格帯のスピーカーの中では低音の再現性はダントツなので、特にEDMやエレクトロ系の音楽を作っていて、ソフトシンセを主軸にサウンドメイクをする人には必携のスピーカーだと思います。

新開発のエンクロージャー(筐体)内部イラスト

▲新開発のエンクロージャー(筐体)内部の音(空気)の動きを表わしたイラスト。本体内の乱気流を軽減しつつ、底面に流すことで豊かな低音を生み出している


【SPEC】
●ウーファー:5インチ ●ツイーター:3/4 インチ ●出力:30W(HF)+50W(LF) ●周波数特性:58Hz〜20kHz ●最大音圧レベル:103dB  ●入力端子:XLR/TRSコンボ=バランス、RCAピン=アンバランス ●コントロール:音質補正トグルスイッチ(ベースレベル、EQ、レベル) ●外形寸法:190(W)×273(H)×190(D)o ●重量:4.6 kg

ウーファー ▲床の接地面の近くにウーファーが装備されており、これによりスピーカースタンドやデスクの上などに設置した際に、安定した低音が出力できる

低音レベル、EQカーブ、音量出力レベルを調整するミニスイッチ ▲左から低音レベル、EQカーブ、音量出力レベルを調整するミニスイッチ。EQカーブは、スピーカーをテーブルに直に置く場合を想定したモードも用意されている

背面の端子 ▲背面の端子は、本体に対して垂直にケーブルを挿せるのが特徴で、環境上やむをえず壁スレスレにスピーカーを設置する場合でもケーブルが出っぱらない

お問い合わせ:オタリテック(株)
TEL:03-6457-6021
http://www.otaritec.co.jp




【「M030」関連記事】