トップページ > PAの方法/やり方【入門講座】(路上ライブやイベントで使えるお手軽「PA機器」導入ガイド)

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

PAの方法/やり方【入門講座】(路上ライブやイベントで使えるお手軽「PA機器」導入ガイド)

ライブハウスなどに出演する場合は、そこにある音を鳴らすためのPA設備を借りればいいが、もし路上や小規模なスペースでライブを行なおうとすると、自分達で設備を用意する必要がある。この特集で紹介するのは、そんな時に役立つ「お手軽PA機器」だ。手頃な大きさの安価な製品も発売されているので、実際のセッティング例も交えながら紹介しよう。 http://nakanocampus.net/highschool_alldays/

1〜2人の編成での屋内ライブ

まずは、学校の教室などの屋内で、エレアコを使って少人数でミニライブを行なう際の、PAシステムのセッティング方法を解説しよう。ミキサーにマッキーの「ProFX8」、PAスピーカーに同社の「TH12A」というパワードスピーカーを使ってセッティングをしてみた。

右の図は初心者でもセッティングできるようなシンプルなシステムだ。必要な機材はミキサーと、パワードタイプのPAスピーカーが2台、そしてマイクとマイクスタンドだ。

まず、PAスピーカーはスタンドに立てて、演奏者の背面に2台設置し、観客用とモニター用の両方を兼ねるようにする。ミキサーは演奏者のすぐ横に置き、エレアコをラインで直に接続。DIを使わずに直接つないだ方がケーブルを短くできるので、ノイズの混入を回避できる。ミキサーとパワードPAスピーカーは付属のスピーカーケーブルで接続し、それぞれにコンセントから電源を供給する。あとはボーカル用マイクとミキサーをマイクケーブルでつなげば準備完了だ。

ミキサーの「ProFX8」の強みは、小型ながらマイク入力とライン入力を4つずつ備え、最大4人編成に対応できるところだ。また、7バンドのグラフィックEQでハウリングをカットでき、内蔵エフェクターで音作りもできる。スピーカーの「TH12A」は、音ヌケが良くて指向性が広く、余裕の出力を実現しており、床置きにした時にも自然なサウンドが得られる。

マッキー THUMP12-ProFX8SET

問:音響特機 MACKIEブランド・グループ
TEL:03-3639-7800   http://www.mackie.com/jp/

オープンプライス(市場予想価格¥105,000)

登録楽器店で探す

SPEC

【セット内容】スピーカーTH-12A×2本、ミキサーProFX8×1台、スピーカースタンド×2本、スピーカー接続ケーブル( 7m)×2本 【ProFX8】●チャンネル数:8(マイク=最大4 、ステレオライン=最大3系統) ●EQ:3バンド ●AUX:2系統(1系統は内蔵エフェクトと兼用) ●グループ(バス):なし●デジタルエフェクト:1系統、16プリセット ●外形寸法:290(W)×357(D)×91(H)mm ●重量:3.2kg 【TH-12A】●タイプ:パワードスピーカー ●出力:400 W(LF= 300 Wピークパワー、HF= 100 Wピークパワー)  ●ウーファーサイズ:12インチ ●EQ:3バンド ●入力:XLR端子、マイク/ライン入力 ●重量:11.6kg(1本)

←マッキーProFX8は、小規模のイベントに最適な低価格の小型PAミキサーだ。多彩な入出力と、ハウリングや音質補正のためのグラフィックEQ、32ビットRMFXエフェクトを搭載し、USBオーディオインターフェイスとしても機能する

←マッキーTH 12 Aは、高域用と低域用の2台のパワーアンプを搭載した、400Wの出力を誇る2ウェイタイプのパワードPAスピーカーだ。オーディエンスの耳に高音と低音を同時に届ける「タイムアライメント技術」や、ドライバとアンプの保護回路を搭載している

バンド編成での野外ライブ

屋外で3〜4人編成のバンドの自主ライブをやる際の、PAシステムのセッティング方法を解説しよう。ここではハイパワーを誇るヤマハのポータブルPAシステム「STAGEPAS 500」を使い、学校のグラウンドに出て、太陽の下で白熱のライブに挑戦してみた!

野外のPAセッティングは、屋内より難しいイメージがあるかもしれないが、ポータブルPAシステムを使えば初心者でも簡単に行なえる。使用機材は、ミキサーとスピーカーが2台、そしてマイクとマイクスタンドだ。屋外で音を鳴らす場合、観客が周辺に散っているので、音を広く遠くまで飛ばすイメージでセッティングしよう。具体的には、スピーカーを演奏者の後ろ側に置き、音を広げるために左右のスピーカーの距離を空けつつ、耳の高さになるようにスタンドにセットする。このスピーカーはバンドのモニター用にも使うので、ハウリングに注意しながら音が演奏者の耳にダイレクトに届くように角度を調節しよう。

ミキサーは演奏者の足下に置き、エレキギターはラインで直接接続する。アコギとボーカルはマイクで収音しよう。ミキサーとPAスピーカーを付属のスピーカーケーブルで接続し、ミキサーに電源を供給すれば完了だ。

今回使用したヤマハSTAGEPAS500は、屋内で250人程度、屋外で150人程度の観客をカバーできる大音量が出せるので、野外でもヌケのいい音をガンガン鳴らしてくれる。

ヤマハ STAGEPAS 500

問:ヤマハ潟vロオーディオ・インフォメーションセンター
TEL:03-5652-3618  http://proaudio.yamaha.co.jp/

¥155,400

登録楽器店で探す

SPEC

【セット内容】STAGEPAS 500ミキサー、STAGEPAS 500スピーカー×2、スピーカーケーブル( 5m)×2 【STAGEPAS 500スピーカー部】●エンクロージャー:2ウェイバスレフ型 ●ユニットサイズ:低域ユニット= 10インチ/ 250mm径、高域ユニット= 1インチ/ 25.4mm径 ●外形寸法:342(W)×544. 5(H)×298(D)mm ●重量:24kg(ミキサー、スピーカー×2 ) 【STAGEPAS500ミキサー】●入力:10系統(CH INPUT1-4 =XLR/TRSフォーン、マイク/ライン CH INPUT5-6 =フォーン、CH7-8 =TRSフォーン/RCAピン、CH9-10 =RCAピン) ●出力:スピーカーアウト、モニターアウト(L、R)、REC OUT(L、R) ●COMP/LIMITスイッチ ●最大出力:250W×250W、4Ω負荷 ●外形寸法:330(W)×175(H)×111. 5(D)mm

↑STAGEPAS 500のミキサーは、250+250Wのハイパワーアンプを内蔵し、入力が10 chあるので様々なバンド編成に対応できる。コンプ&リミッターとEQ、リバーブを搭載し、音作りもお手のものだ

↑STAGEPAS 500ポータブルPAシステムは、小型ながら116 dBの音圧レベルを誇るポータブルPAシステムだ。スピーカーの背面にミキサーを格納でき、ケーブルも収納できるので、荷物を減らすことができる

ワイヤレスマイクがあれば縦横無尽に動き回るパフォーマンスが可能!

野外でワイヤレスマイクを使えば、縦横無尽のライブパフォーマンスが可能になる。例えば今回のようなシチュエーションなら、校舎の中から歌いながら登場したり、観客の中に飛び込んで大合唱するといった演出も可能だ。足に引っ掛かるケーブルの煩わしさから解放されるのもうれしい。そのワイヤレスマイクでイチ押しなのがシュア「PGX24/SM58」だ。本機はマイクと受信機のセットで、定番マイクであるシュアSM58のマイクヘッドを搭載し、SM58同様の音質が得られる。マイクは単一指向性のダイナミック型で、マイクヘッドを交換することも可能だ。受信機をラインケーブルかマイクケーブルで接続するだけでセッティングは完了だ

シュア PGX24/SM58

¥78,540

問:潟Iールアクセス
TEL:052- 443 - 5537 http://www.allaccess.co.jp

↑シュアPGX24/SM58はワイヤレスマイクと受信機がセットになった製品だ。受信機とマイクの距離は最大60 mまで離れてもOK。
送信の周波数帯域はB帯で、14 ch仕様なので、他のワイヤレス機との混信を避けて安心して使える

登録楽器店で探す

 

小規模なライブパフォーマンスにはオールインワン・タイプのPAシステムがオススメ!

↑オールインワン・タイプのPA機器は手軽に扱えるのがメリットだ。中には乾電池で駆動できるものもあるので、特に野外を中心にライブを行なう場合は重宝する。ちなみに、写真の赤いモデルはローランドのCUBE Street(オープンプライス/市場予想価格:¥32 ,000前後)だ

学校の教室やストリートでライブをやるとなると、演奏に使う楽器やアンプなどを運ぶだけでも、相当な荷物の量になる。さらに、PA用のミキサーやアンプ、スピーカーまで運ぶのは、正直かなり厳しい。そこでオススメしたいのが、ミキサー、アンプ、モニタースピーカーが一体になった「オールインワン・タイプ」と呼ばれるPAシステムだ。このタイプのモデルを使えば、ライブ当日の運搬時の負担を減らすことができるうえ、値段も手頃なモデルが多いので、PA入門機として最適だ。

なお、製品を選ぶ際はサイズや重さも重要だが、楽器やマイクが何系統つなげられるのかがチェックするべきポイントだ。必ず入力数や端子の形状などを確認しよう。

登録楽器店で探す

ローランド BA-330

問:ローランド鰍ィ客様相談窓口
TEL:050 - 3101-2555
http://www.roland.co.jp/

←BA- 330は、乾電池(単3電池×8本)で動作するパワフルなポータブルPAシステムだ(専用のACアダプターも付属)。スピーカーは、6. 5インチのカスタムスピーカー4基に加え、2基のツイーターを搭載しており、ボーカルや繊細なアコギから、大音量が必要なバンドサウンドまで幅広い用途で使用することができる。本体の高さは約50 cmで重さは13 . 8 kgとなっており、6 chミキサーとデジタルエフェクトを内蔵している

登録楽器店で探す

コルグ MMA130

問:潟Rルグお客様相談窓口
TEL:03 - 5355 - 5056
http://www.korg.co.jp/

←MMA130は、4チャンネルミキサーと、最大30Wの出力が可能なパワードモニター・アンプを一体化したPAシステムだ。ミキサーは2系統のマイク/ラインインプットと、エレアコやベースの接続が可能な2系統のラインインプットを装備している。電源はAC、または乾電池で動作する他に、DC 9 Vアウト端子も搭載している。エコモードで単2電池12本を使用した場合は、何と約24時間もの連続駆動が可能だ。本体の重量は12. 3kgとなっている

登録楽器店で探す

ローランド BA-55

問:ローランド鰍ィ客様相談窓口
TEL:050 - 3101-2555
http://www.roland.co.jp/

← 高さ約48cm/重さ9 kgという、コンパクトかつ軽量なオールインワン・タイプのポータブルPAシステム。出力は20W( 10W+10W)で、口径が16 cmのスピーカーを2発搭載。本体に3 chミキサーと2バンドEQを装備している他、デジタルワイヤレス方式の専用ワイヤレスマイクが1本付属しているので、本機だけで誰でも簡単にPAシステムを構築できる。電源は付属ACアダプターの他に、単3電池×8本でも駆動する

登録楽器店で探す

ヤマハ STAGEPAS 300

問:ヤマハ潟vロオーディオ・インフォメーションセンター
TEL:03 - 5652- 3618
http://proaudio.yamaha.co.jp/

←STAGEPAS 300は、2台のスピーカーと着脱可能なパワードミキサー、そしてスピーカーケーブルをセットにしたポータブルPAシステムだ(総重量は18kg)。パワードミキサーには、最大150W+150Wの高出力なものを採用。入力系はモノラルマイク/ライン入力が4基とステレオライン入力が2基の、計8チャンネルで、出力系は専用のスピーカーアウト以外にラインアウトを搭載している。なお、スピーカーは横と縦の両方でセットすることが可能だ(写真は横置き)

登録楽器店で探す

注目アイテム

1人でもライブがラクラクできるキャスター付きモバイルPAシステム

オールインワン・タイプのPAシステムは数多く発売されているが、本体に持ち運び用の取っ手とキャスターが付いているユニークなモデルがある。それがDJTECHのiCube90だ。iPodもつなげられるこのモデルの魅力に迫ってみよう。

iCube90は、8インチのパワードスピーカーを搭載したポータブルPAシステムだ。AC電源以外に充電しての駆動にも対応していて、使用場所を選ばない。入力端子は、マイクやラインなどのライブに必要なものはサポートしている。また、エフェクターやプリアンプを経由することで、ギターやベースの接続も可能だ。

ミキサー部にはトーンコントロール機能が搭載されており、低域〜高域の音量調整を行なうことができる。用途は非常に広く、ストリートライブ、野外パーティ、学園祭などのイベントと、ありとあらゆる場面がこれ1台で賄える。なお、iPodが接続できるので、好きな曲や自分で作ったオケを流して、ソロパフォーマンスをすることも可能だ。

また、内蔵されているミキサーには、マイクに向かってしゃべった時にそれ以外の音声を自動で抑えてくる「トークオーバー機能」が搭載されている。これにより、本機でMCとBGMを同時に鳴らしても、声が音楽にかき消されることなく出力できる。

↑iCube 9 0は16・6kgと、PAシステムとしては小型で軽量なモデルだ。持ち運びに便利な取っ手とキャスターが本体に付いており、スーツケースのように転がして運べる

DJ-TECH iCube90

問:潟tックアップ  TEL:03 - 6240 -1213  http://hookup.co.jp/

SPEC

【iCube 9 0 スピーカー部】●定格出力:80 W  ●スピーカーユニット:8インチ(8 Ω) ●S/N比:80dB以上 ●周波数レスポンス:20Hz〜20kHz ●入力感度:MIC= 10mV、AUX=500mV ●録音出力:1,000mV ●電力供給:100〜240V ●外形寸法:300(W)×333(D)×502(H)mm ●重量:16.6kg ●最大電力消費:90W

【i C u b e 9 0ミキサー部】●入力:4系統(MIC INPUT1 =コンボXLR 、1 /4アンバランスフォーン、MIC INPUT 2、3 = 1/4アンバランスフォーン×2、AUX INPUT=RCAピン、iPod INPUT=iPod Dock ●出力:REC OUT(RCAピン) ●その他:鉛電池によるバッテリー駆動、35mmポールマウント可能、トークオーバー機能 

登録楽器店で探す

JAMMIN PRO COLOR MIC

↑ライブでは使用する楽器のルックスも、注目を集める。このJAMMIN PROCOLOR MICは、ポップでカラフルなデザインのバリエーションを16種類から選ぶことができる、ユニークなダイナミックマイクだ。これを使えば学園祭やストリートライブで目立つこと間違いなし!

DJ-TECH iCube55

←いるiCube 90 をさらに小型化して、5 . 25インチのパワードスピーカーを搭載したモデルだ。ミキサー部は、マイク/AUX /iPodの3系統の入力を装備し、様々なソースに対応することができる。入力端子は、マイク入力がコンボ端子で、AUX 入力は1/4インチのアンバランスフォーン端子とRCAピンになっている。出力端子にはRCAピンのREC OUTを装備。さらにiPod Dockも搭載している

登録楽器店で探す

登録楽器店で探す

DJ-TECH iCube55とJAMMIN PRO COLOR MICの問い合わせ先:潟tックアップ(TEL:03 - 6240 -1213、http://hookup.co.jp/

ライブをうまく録音する方法 屋内のスペースやストリートでライブを行なう時に、自分達の演奏を録音したいと思っている人もいるだろう。ライブレコーディングを行なうには様々な方法があるが、手軽に録るならハンディレコーダーを使うのがオススメだ。

DR-V1 HDは、高音質リニアPCMレコーダーに、HD画質で動画撮影が可能なビデオカメラを搭載した、臨場感溢れる動画を撮ることができるビデオレコーダーだ。カメラとステレオマイクが一体となって180度回転する「vari-angle機構」が最大の特徴で、撮影時に本体の角度を気にすることなく、撮りたい方向にカメラとマイクを向けることができる。自分側へカメラとマイクを向けることも可能で、自分の演奏を撮りたい時にも最適だ。マイクは高音質の単一指向性ステレオ・コンデンサーマイクを搭載しており、狙った音を確実に収音することができる。

←背面にはスピーカーと、スピーカーのオン/オフスイッチ、HOLDスイッチ、そして電池ボックスを装備。単三電池3本で駆動する

←本体側面には、マイク/ライン入力端子、ヘッドホン端子、ボリューム、DC IN、マイクロSDカードスロット、USB端子、HDMI端子などを装備している

タスカム DR-V1HD

問:ティアック潟^スカムカスタマーサポート
http://tascam.jp/product/

オープンプライス(市場予想価格:¥29,800前後)

SPEC

●録音クオリティ:44 .1kHz/ 48 kHz/ 96 kHz 、16 / 24ビットのリニアPCM(WAV 形式) ●TFTカラーLCD画面:2 . 4インチ240×320ドット ●指向性マイク:高品質ステレオ録音可 ●カメラレンズとマイク:180度回転可能 ●ズーム機能:4倍デジタルズーム( 0 .1倍単位)  ●ヘッドホンアンプ:15mW+15mW ●外部ステレオマイク/ライン入力端子:3 . 5 mm(プラグインパワー対応) ●ヘッドホン/ライン出力端子:3 . 5 mm ●USB 2 . 0端子:Mini-Bタイプ ●電源:単三形電池3本またはACアダプター ●外形寸法:70( W )×131(H)×28(D)mm ●重量:157g(電池含まず)

登録楽器店で探す

もっと本格的にライブをやりたいのなら入力数の多い専用ミキサーを導入しよう!

演奏者の数が多くなると、使う楽器やマイクの数が増えてくる。その場合は、多入力に対応している単体ミキサーを用意しよう。

このM-164FXは、16チャンネルの中型ミキサーだ。16チャンネルの内、6基のマイク/ライン入力にはファンタム電源対応のXLRコネクターとTRSフォーンジャックが搭載されている。また、5基のステレオ入力にはRCAピンやステレオミニ・フォーン端子が採用されているので、CDプレーヤーやキーボード、ターンテーブルなどが接続可能だ。さらに、すぐに使えるエフェクトのプリセットを16種類搭載している。

また、メインのステレオ出力の他にサブ出力を装備しているので、スピーカーの数を増やすこともできる。その他にモノラル出力も装備しており、モノラル音声用のPAとしても使えるなど、非常に守備範囲の広い仕様になっている。

←リアパネルには豊富な入出力端子を装備。CDプレーヤーやターンテーブルが接続可能なアンバランスのRCAピン端子も搭載している

タスカム M-164FX

問:ティアック潟^スカムカスタマーサポート
TEL:042- 356 - 9137
http://tascam.jp/product/m-164/

オープンプライス(市場予想価格:¥29,800前後)

SPEC

●入力:16( 1- 6マイク入力=バランス、XLRバランス/ 1- 6ライン入力=バランス、TRSフォーン/ 7- 8、13 -14入力=バランス、TRSフォーン/ 9 -10入力=アンバランス、RCAピン/ 11-12入力=アンバランス、RCAピン/ 15 -16入力=ステレオミニ・フォーン ●ステレオアウト(L、R):バランス、TRS/アンバランス、RCAピン ●ステレオアウト(MONO):擬似バランス、TRS●サブアウト(L、R):擬似バランス、TRS ●サブアウト(MONO):擬似バランス、TRS ●AUX SEND( 1、2):擬似バランス、TRS ●外形寸法:390(W)×112(H)×344. 5(D)mm ●重量:3.4kg

登録楽器店で探す