トップページ > 理想的なマイク録音のサウンドをライン録音で手軽に再現できるエレアコ専用ツール AURAシステム

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

理想的なマイク録音のサウンドをライン録音で手軽に再現できるエレアコ専用ツール

エレアコのサウンドを、スタジオでマイクレコーディングしたような音質に劇的にグレードアップしてくれるエレアコ用ツール、「AURAシステム」がフィッシュマンから発売されている。今回は宅録に最適なこのツールを徹底解説していこう。

AURA SIXTEEN

登録楽器店で探す

AURA SPECTRUM DI

登録楽器店で探す

自宅でアコギを録音する場合、エレアコをライン録音すれば面倒なマイクのセッティングをせずに済むのだが、それだとどうしてもエレアコ特有の音質になり、マイクで録音した時に得られる豊かな胴鳴りを収録することは難しい。

そんな悩みを解決するために、アコギ用のピックアップやプリアンプで有名なフィッシュマンが、エレアコのサウンドを極上のアコギサウンドに変えられるプリアンプシステム「AURAシステム」を開発した。ここで紹介する「AURA SIXTEEN」は、このAURAシステムの最新モデルで、エレアコのピックアップで拾ったライン信号を、実際にコンデンサーマイクやダイナミックマイクで収音したようなリアルなサウンドに変換(リクリエイション)することができる。

使用方法は、まずAURA SIXTEENとパソコンを接続し、付属の専用ソフトを使って同社のサイトから自分のギターのボディ形状と材質に一番近いイメージをダウンロードする。あとはギターを本体に接続して好みのイメージを選ぶだけだ(イメージは本体に16種まで保存可能。工場出荷時はドレッドノート用のイメージがプリセットされているが、一般的な仕様はほとんど網羅している)。

また同社からは、AURA SIXTEENよりも多いプリセット数と機能を搭載している上位モデルの「AURA SPECTRUM DI」も発売されている。こちらはダイレクトアウト機能を搭載しているのでDIとしても機能し、EQやコンプ、チューナー、外部エフェクター用のインサート回路も搭載している。プリセットは128イメージ(内16イメージはダウンロードしたイメージを上書き可能)もあり、 環境に合わせた多彩なサウンドメイクが可能な、多機能なモデルとなっている。どちらも宅録派ならば要注目のツールだ。

自分のギターに最適なボディ形状/材質とマイキングの組み合わせを選べる(同社ではイメージと呼んでいる)セレクトツマミ。AURA SIXTEENには、あらかじめ16種類が設定されている(内蔵されているイメージは、下記参照)

演奏するエレアコ本体のピックアップのサウンドと、本機のイメージングサウンドのブレンド具合を調整するブレンドツマミ。このブレンド具合の調整が、本機で音作りをするうえでのポイントになる

AURA SIXTEENにあらかじめ本体に内蔵されている16のイメージ

エンジニアがAURA SIXTEENのライン録音とマイク録音の音質を徹底比較

↑今回の試奏では、スプルーストップ/ローズボディのエレアコを使い、AURA SIXTEENを通したダイレクトサウンドと、シュアSM57で収録したマイクの音を同時にDAWソフトのスタインバーグCubese 6にレコーディングした

↑上段がAURA SIXTEENでライン録音したサウンドの波形で、赤で囲んだ部分がAURA SIXTEENをオフにしてピエゾピックアップのみにした状態、黄色で囲んだ部分がAURA SIXTEENの機能をオンにした時の波形だ。下段は同時にシュアSM57でマイク録音したサウンドの波形だ。この2つの波形を見てもわかる通り、ピエゾピックアップだけの場合、音が暴れていて凸凹の差が大きいが、AURA SIXTEENの機能をオンすると、下のSM57のマイク録音と同じように波形が均一で、エレアコ特有のピッキングをした際に発生するジャリッとしたようなアタック感と帯域が抑えられているのがわかる

まず試奏に使ったエレアコ本体の音質をチェックしてみると、中域寄りの特性を持っており、音のヌケや各弦のバランスはいいのだが、そのままライン録音するとボディ鳴りや奥行き感に物足りなさを感じた。続いてシュアSM57でマイク録音した音と、AURA SIXTEENを経由させたラインのサウンドを同時に録音してみた。SM57で録音した音は、空気感と音のツブ立ちが太めだが、ボディの鳴りが強く、低音がややブーミーな印象で、ピッキングのニュアンスが薄い印象になった。

それに対してAURA SIXTEENで録音したサウンドは、ピエゾピックアップのダイレクト感と、SM57の太いニュアンスがミックスされた感じで、極上のレコーディングスタジオでSM57を使ってマイク録りをしたような、自然でヌケのいいサウンドが得られた。

↑今回の試奏では、SM57の音と比べたが、イメージのマイクはノイマン、DPA、サウンドデラックス、ショップス、AKGなど、世界中の有名マイクのイメージを呼び出して使用することができる

SM57を使ってアコギをレコーディングする場合、DAWソフトのEQやコンプを調整して自分の音のイメージに近づけていくことが多いのだが、AURA SIXTEENを使うと、瞬時に欲しい音質になったのには驚いた。また、ブレンドツマミを最大にすると、さらに気持ちのいい太さとダイレクト感が得られるので、曲調に合わせて調整するといいだろう。

AURA SIXTEENは、SM57特有の音質と、胴鳴りを含んだアコギ本来のニュアンスを的確に捉えており、自然な音ヌケと全体のバランスが非常にいい音で録れるということを実感した。

なお、本機はプリアンプとしての性能も非常に高く、サウンドの芯がしっかりと前に出てくるのも特徴だ。初めてアコギを録音する人でも、AURA SIXTEENを使えば、セッティングに迷うことはないだろう。

今回の試奏で使ったAURAイメージ

  • ・Instrument=Acoustic Guitar(6 -String)
  • ・Top Wood=Spruce
  • ・Body Style=Concert
  • ・Back Wood=Rosewood
  • ・Make=Fishman
  • ・Microphone=Shure SM57

専用のエディットソフトも用意されている

 付属のCD-ROMには、マイクレコーディングのイメージをさらに詳細に設定することができるエディットソフト「Aura Image GalleryV」が収録されている(ホームページからダウンロードも可能)。自分が使っているギターの仕様に合わせて、ボディの形状(ブランドも選べる)、トップ材、ボディ材、収録マイクの種類などの組み合わせを自由に設定することができるのだ。もしも自分の持っているギターがプリセットされていない場合は、一番近い仕様を選ぶといい。

手持ちのアコギに取り付けられるモデルもラインナップ

 AURAシステムには、普段使っているアコギに直接取り付けて使用できるタイプのモデルもラインナップされている。どのモデルも専用ソフトからマイクサウンドのイメージをダウンロードして使う仕様で、多彩な音色を鳴らすことが可能だ。

ELLIPSE AURA

AURA PRO

ONBOARD AURA