トップページ > アンプシミュレーターの基礎知識

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

これぞ宅録の最終兵器!アンプシミュレーターの基礎知識

ハードタイプ/宅録とライブの両方に対応可能!

ハードタイプのアンプシミュレーターには、デスクトップ型、ペダル型、ラック型、ハンディ型
などがあり、いずれも実際のアンプやエフェクターのように、ダイレクトに指でツマミを操作で
きるのが特徴だ。最近では録音を考慮して、オーディオインターフェイス機能を装備している
モデルも多く、アンプシミュレーターで作った音を直接パソコンにつないでDAWソフトに録ることができる。ソフトタイプだとパソコンのスペックによってはレイテンシー(音の遅れ)が気になることがあるが、ハードタイプなら、ストレスなく作業を進められる。また、自宅での制作に限らずライブやスタジオなど、環境が変わっても音作りができるメリットは大きい。

デジタル・アンプシミュレーター

デスクトップタイプ

デスクトップ型は、机の上に置い て手でツマミを回しながら素早く 音作りが行なえるのが特徴だ。 モデルによってはオーディオイン ターフェイスとしても使うことがで き、作った音を直接DAWソフトに 録音することができる。

ペダルタイプ

ペダル型には、ペダルが搭載されており、通常は床に置いて使用する。機能的にはデスクトップ型と同じだが、ペダルでボリュームやワウなどをリアルタイムに操作できる。また、フットスイッチで音色の変更も可能だ。

ハンディタイプ

ポケットに入れて持ち運びができるコンパクトなボディを持っているのがハンディ型だ。機種によってはドラムマシンやエフェクター、ヘッドホン端子も装備している他、オーディオインターフェイスとして使えるモデルもある。

ラックタイプ

ラック型はデスクトップ型のツマミ類やプログラムなどの機能を強化させたものが多く、より高度な音作りができる。また、アナログ/デジタル入出力の種類が多く、センド/リターンなどの端子を装備している機種もある。

アナログ・アンプシミュレーター

アナログならではのウォームで豊かなサウンドにこだわりたい人には、アナログ回路のアンプシミュレーターがオススメだ。真空管アンプサウンドのライン録りを実現したモデルが多く、ストンプボックス感覚で使うことができる。

ソフトタイプ/アンプ設定や接続を画面上で確認できる

ソフトのシミュレーターは基本的にパソコンでの使用が前提となっており、パソコンのディスプ レイ上にアンプヘッドとキャビネットの組み合わせやエフェクトの接続、それらの各パラメーター を同時に表示して、ひと目で確認できるのが魅力だ。また、複数のギタートラックに何台も同時に起動することができ、トラックを切り替えるだけで異なるセッティングの聴き比べができるのもソフトタイプならではのメリットだ。当初は、ソフトで起動するものやDAWソフトのプラグインとして登場したが、現在では専用フットペダルやオーディオインターフェイスなどのハードとセットになった製品や、音楽ジャンルに特化した製品などがあり、選択肢の幅が広がっている。

ソフト単体タイプ

DAWソフトを起動しなくても単独で使うことができる「スタンドアロン型」と、DAWソフトの追加機能としてトラック上にかけられる「プラグイン型」があり、その両方を兼ね備えた製品もある。

ハード&ソフトタイプ

ペダル型コントローラーを組み合わせた製品や、専用インターフェイスを組み合わせた製品の他、DSPを搭載したハードウェアで処理を行なう製品や、インターフェイス機能付き小型スピーカーと組み合わせた製品など、様々なバリエーションがある。

アンプシミュレーターのメリット

ビンテージから最新アンプまで幅広い音作りが可能

アンプシミュレーターでは、自分が好きなアンプが自由に選べるのが大きな魅力だ。通常、ビンテージアンプを実際に鳴らしたり、いいコンディションの実機を入手するのは極めて難しく、メンテナンスも必要だが、アンプシミュレーターならそれらにとらわれることなく、常に最高のコンディションのアンプを、自分の曲で思う存分使用することができる。

アンプとキャビネットが自由に組み合わせられる

アンプシミュレーターはアンプヘッドと キャビネットを自由に組み合わせられるので、音色選びの幅を広げられるのもメリットだ。また、真空管アンプでのインピーダンスマッチングの問題なども気にせず、自由に接続できるのもうれしい。 中には、アンプの「プリ部」、「EQ部」、「パワー部」をそれぞれ自由に組み合わせることができるモデルもある。

コンパクトエフェクターの名器が豊富に使える

ほとんどのアンプシミュレーターは、 アンプモデルだけでなく、各種コンパクトエフェクターのモデリングも搭載している。それらは実際のエフェクターのようにパラメーターの変更ができる他、接続の順番や直列/並列なども素早く変えられる。また、ビンテージの歪みエフェクターを使ったプレイや、テープエコーなどを使ったエフェクティブなギターサウンドも簡単に作り出すことが可能だ。

スタジオ録音のようにマイキングができる

製品によっては、レコーディングスタジオで実際にアンプのマイク録音をするのと同じように、マイクの種類(ダイナミックマイク/コンデンサーマイク/リボンマイクなど)を選べたり、マイクの距離や位置を設定することで出音を変えることができるものもある。エッジの効いたサウンドから、部屋の響きを活かしたサウンドまで、自由に構築することが可能だ。