トップページ > 実際のアンプの音がサンプリングできる究極の高性能デジタルアンプ

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

実際のアンプの音がサンプリングできる究極の高性能デジタルアンプ

チェッカー:野村大輔

Profile

様々なレコーディングやライブのサポート、作曲、編曲、ギター講師など、幅広い活動を続けている、ブルースをベースにしたプレイが持ち味のギタリスト。アンプやエフェクターについて豊富な知識を持ち、全国でクリニックなども行なっている。

 

Fractal Audio Systems(フラクタル・オーディオ・システムズ)

Axe-Fxll

SPEC

●入出力端子:フロントパネル=インプット(フォーン、アンバランス)、ヘッドホン、リアパネル=インプット1(L/モノ、R、バランス)、インプット2( FXリターン兼用、フォーンバランス、L/モノ、R)、アウトプット1(フォーン/XLRバランス、L/R)、アウトプット2(FXセンド兼用、フォーンアンバランス、L/R)、デジタルアウト×2(AES/EBU 、S/P DIF)、MIDIイン、MIDIアウト/スルー、USB、コントロールイン(MFC、ペダル) ●外形寸法:483(W)×88(H)×362(D) mm ●重量:4.5kg

本体のリアパネルには豊富な入出力端子が用意されており、レコーディングやライブステージなど、様々なシチュエーションで使用することができる。また、USB端子を装備しており、本機のハイクオリティなサウンドを、ダイレクトにDAWソフトにレコーディングすることが可能だ

このモデルはこんな人にオススメ 従来のアンプシミュレーターの音に満足できていない人、お気に入りのアンプのサウンドをどんな環境でも鳴らしたい人

この「Axe-FxU」は、本体内部のメインDSPプロセッサーに高速な処理能力を持つ「Analog Devices Tiger SHARC 600 MHz」を採用したデジタルアンプだ。アンプモデリング部とエフェクト部で個別のプロセッサーを搭載しているデュアルDSP仕様になっており、従来のアンプシミュレーターの域を遥かに超えた音質と機能を併せ持つ新世代のアンプとして、世界中のプロギタリストから絶賛されている。

試奏チェック

Axe-Fxは初代モデルの頃から愛用していて、初めて使った時はその音質とクオリティの高さに驚きましたが、この「U」は音の情報量と解像度が格段にアップしていますね。特にクリーンで鳴らした時の感覚は、高級アンプを使った時とまったく同じで、「本当にいいアンプだな」というひと言に尽きます。

ボクはアンプシミュレーターの音をチェックする時は、クリーンサウンドで試すんですよ。それは、デジタルアンプやアンプシミュレーターは、クリーンで鳴らすとそのモデルの品質がもろに出てくるので、ごまかしが効かなくて、しっかり鳴らすことが難しいからなんです。その点、Axe-FxUは完全にアンプと同じように鳴ってくれますし、ピッキングのニュアンスや音の立ち上がり方を含めて、本物のアンプと比べて何ら遜色がありませんね。これまでアンプシミュレーターは、「どれだけオリジナルと似ているか」や「どこまでレイテンシーが少ないか」という点で評価されがちでしたが、このモデルはその次元を超えていて、純粋にアンプとして評価できます。ある意味、他のデジタルアンプやアンプシミュレーターの常識を覆すほどの素晴らしさで、正直「参った!」と、ショックを受けました。

アンプとしての基本品質が優れているからなのか、フェンダーやマーシャルなど、どのモデリングも非常によく出来ています。個人的にはダンブルをモデリングした「ODS100」のサウンドが気に入りました。コンプレッション感が少なくて、ダイレクトに音が立ち上がってくれるんですね。まさに「こういうアンプが欲しかった!」と思わせてくれるサウンドでした。あと、本機をプリアンプとして使って、Fryette(元VHT)とかのパワーアンプを通してからキャビネットで鳴らすという組み合わせも良さそうですね。今度、機会があったら試してみたいと思います。

それから、ハードウェアでありながらソフトウェアのように日々中身がアップデートされるという点も気に入りました。モデリングのアンプタイプ以外に、機能も追加されるんですよね。特に、最新の「バージョン6」で新規に搭載された「マッチング機能」には注目です。これは、自分が理想とするギターサウンドを本体にサンプリングして、その音とそっくりなモデリングを、Axe-FxUが自動的に作ってしまうという驚きの機能なんですよ。

やり方としては、まずAxe-FxUである程度まで音作りをしておいてからマッチング機能をオンにすると、サンプリングしたギタートラックとの音の違いを解析して、目的の音色に自動的に近づけてくれるんです。その時、2つの音の差も画面上に表示してくれるので、「どの帯域が足りないのか」ということを知ることができて、その後の音作りに役立てることができるのもいいですね。

同じような解析能力を利用した機能として、好きなキャビネットのサウンドを解析して、それを新規のキャビネットモデリングとして本体にプリセットすることができる「IRキャプチャー」も搭載されています。実際に自分がいつも使っているエレクトロボイスのキャビで試したところ、完璧に同じ鳴りが再現できました。つまり、これ1台の中に自分のアンプとキャビネットの特性をモデリングとして記録することができるわけで、それを2Uラックサイズでどこにでも持ち運べるというのは、すごく便利ですね。

それと、オーディオインターフェイス機能もオマケのレベルではなくて、とても音質がいいので宅録にも最適です。これ1台で、スタジオクラスのギターレコーディング・システムが、自宅で完成させられますよ!

Axe-FxIIの注目のポイント

操作性が格段に向上するクイックコントロールを装備!

「U」になって、フロントパネルにクイックコントロール・ツマミが搭載された。これにより、アンプやエフェクトなどの各パラメーターにスピーディーにアクセスできるようになり、操作性が格段に向上した。また、前身モデルにはなかったヘッドホン端子が搭載されたことで、自宅でのレコーディングやトレーニングでの使い勝手も非常に良くなっている。

自分の理想とするサウンドに瞬時に近づけるマッチング機能

自分が理想としているギターサウンドを本体に取り込み、それに対して「大体このくらいかな」というところまで音を作り込んだ後に、一発で目的の音に近づけてくれる「マッチング機能」を搭載している。例えば、リハスタで大型アンプを使って音作りをして録音した音を取り込めば、そのサウンドをそのまま自宅で再現して鳴らすことができるのだ。

 

ダウンロード可能なパソコン用のエディターソフト「AXE-EDIT」

すべての操作は本体だけでも快適に行なうことができるが、エディターソフト「AXE-EDIT」も用意されており、ルーティングの変更やプリセットの呼び出しなどを、カラフルな画面を見ながら行なうことが可能だ。自宅ではエディターソフトを使い、スタジオやライブに持ち出した際は本体のコントローラーで操作と、あらゆる場面に対応している。

 

キーワード解説 IR(インパルスレスポンス)キャプチャー

「IR(インパルスレスポンス)キャプチャー」とは、本物のキャビネットの鳴りや音質特性を本体にサンプリングして、それをプリセットとして使用することができる、オリジナルキャビネット・シミュレーションとも言える機能だ。

下図(左)のように各機材を接続し、本体から基準音を鳴らすことで、その基準音とマイクで拾った音の差からキャビの特性を解析するという仕組みになっている。これにより、どんなキャビの特性もモデリングとして取り込むことができ、自分が普段使っているキャビと同じサウンドをスタジオやライブハウスなどで鳴らせるようになるのだ。

↑Axe-FxUからパワーアンプ経由で基準音をスピーカーで鳴らし、その音をマイクで拾ってAxe-FxUに戻すことで音質の差を解析し、キャビネットの特性を割り出す

↑基準音を鳴らしてスピーカーの音をマイクで拾い、キャビネットの特性を解析する「CAPTURING」を行なっているところ

 

関連モデル MIDIフットコントローラー

Axe-FxUを足下で自在にコントロールできるMIDIフットコントローラー「MFC-101」もラインナップしている。

パネル上に配置されたメインの17個のスイッチをプログラムチェンジに使うか、エフェクトごとのオンオフや、ルーティングの切り替え、エディット機能のアサインなどに使うかを自由に設定することが可能だ。さらに、4つのエクスプレッションペダルと2系統の外部セレクターを接続する
ことも可能となっており、あらゆるパラメーターをリアルタイムにコントロールできる。なお、Axe-FxUだけでなく、他社のMIDI機器にも対応している。

MIDIフットコントローラーMFC-101

 

お問い合わせ

●問:(株)オカダインターナショナル ●TEL:03-3703-3221 ●HP=http://www.okada-web.com/