トップページ > つなげばすぐに使えるiPad/iPhone/Mac用のUSBマイクが登場 Micをいち早くチェック!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

つなげばすぐに使えるiPad/iPhone/Mac用のUSBマイクが登場 Micをいち早くチェック!

アポジーと言えばAD / DAコンバーターの高級ブランドだが、近年はアップル製品ユーザーにターゲットを絞った、低価格で良質な製品の開発に力を注いでいる。そんな同社から、iPadやiPhone、Mac専用のスタジオクオリティのUSBマイク「MiC」が発表された。GarageBand for iPadなどの音楽アプリと組み合わせて使うことを想定しており、小型でUSB接続ながら、「カーディオイド特性のコンデンサーマイク」という本格的な仕様になっている。今までありそうでなかった、まさに待望の製品だ。

USBマイク

APOGEE Mic

価格:19,900円(税込み) 問:(株)エレクトリ TEL:03-3530-6200 HP=http://www.electori.co.jp/

 パッケージを開けてまず驚かされたのは、全長がiPhoneとほぼ同じというその小ささで、一般的なコンデンサーマイクと比べると半分以下というミニサイズとなっている。しかし、さすがアポジー製だけあって小さくても安っぽさはまったくなく、マットブラックとシルバーを基調としたカラーリングや、金属の質感を出したフォルムも含め、そのデザインには高級感さえ漂う。また、コンデンサー用に本体内部にマイクプリを内蔵しているためか、重量もしっかりあり、ハードとしての安心感を感じた。

 他の機器との接続だが、マイクの底面にUSB端子が搭載されていて、着脱防止用のクリップ式のケーブルを使って装着する。まずはiPadのDockコネクタに接続してみたが、特に専用のアプリなどをインストールせずともMiCが自動で認識され、iOSデバイスから電源が供給された。GarageBandに録音する際は録音トラックを選び、マイク本体の右側にあるゲイン調整ダイヤルで入力量を調整する。この際、入力量がマルチカラーのLEDで表示されるので、音の突っ込み加減(歪み加減)が視覚的に把握できるのも便利だ。

 早速自分の声を録ってみたが、コンデンサーマイクなのでやはり感度が良く、低音から高音までしっかりとクリアに収録できた。
コンデンサーマイクにありがちな「フカレ」には意外と強く、USTREAMなどの配信用にも最適だ。また、ギターアンプの前に少し離して立てて録音してみたが、ピッキングのニュアンスもちゃんと拾ってくれた。空気感まで拾えるので、ダイナミックマイクとはまた違った音質が欲しい場合に使うのもいいだろう。今回は試せなかったが、アコギやハーモニカなどの録音も、MiCの方が通常のコンデンサーマイクよりも使いやすいかもしれない。

 本機はMacBookなどのパソコンでも使えるので、楽器や歌の録音、配信用に初めてのマイクを探している人にはかなりオススメだ。また、すでに何本かマイクを持っている人にとっても、 USB接続で使える手軽さとコンパクトなボディ、さらにこの高音質な性能なら、かなり魅力的な製品と言えるのではないだろうか。

注目機能

全長がiPhoneと同じ、驚くほどサイズが小さいコンデンサーマイク

↑MiCの大きさはiPhoneとほぼ同じで、一般的なマイクの半分ぐらいのコンパクトさだ。右側面にゲインダイヤルが装備されていて、これで入力量を調整できるようになっている

セッティングに便利な専用の小型三脚が標準で付属する

↑マイクの側面にスタンド用の穴があり、付属の専用スタンドが取り付けられる。取り付け用の穴はカメラと同じなので、カメラ用の三脚をスタンドとして代用することも可能だ

SPEC

● AD: サンプルレート= 44 .1 /48 kHz 、ビットレート=24ビット ●マイクプリ:最大40dBのマイクプリ ●電源:iPad、iPhone、Macからのバス電源供給 ●付属品:iPad、iPhoneに接続するための0.5mケーブル、Macに接続するための1mケーブル、クイックスタートガイド、三脚スタンド ●外形寸法:115(H)×38(W)×38(D/最大)mm ●重量:200g

■価格
19,900円(税込み)

■問い合わせ/
(株)エレクトリ
TEL:03-3530-6200
HP=http://www.electori.co.jp/

登録楽器店で探す

Guitar Player 久保 肇

1988年にポリドールよりメジャーデビュー。
以後、数多くのサポートやセッションを経験。
2008年にはビートルズ・カバーバンドの一員として、アメリカ東海岸ツアーを行う。
ロックの殿堂、マジソンスクエアガーデンでも演奏。
ジョージ・ハリスン・パフォーマー。
バンドスコアの執筆多数。

久保 肇 オフィシャルブログ
http://blog.goo.ne.jp/hajimekubo