トップページ > Studio One 2 緊急試奏レポート!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

究極の進化を果たした新世代のDAWソフトStudioOne2緊急試奏レポート!

世の中には数多くのDAWソフトが出回っているが、どれも機能的には出尽くした感がある。しかし、そんな状況を打破する新発想のDAWソフトがあるのだ。それがPreSonusの「Studio One」だ。機能は10万円台のソフトに何ら引けを取らないのに価格は3万円台という、この驚異のソフトの全貌に迫ってみた。

楽曲制作とマスタリングが同時進行できる革命的なソフト

↑このように1つの画面上に必要な情報や機能がすべて表示されるのがStudio Oneの特徴だ。なお、マスタリングが完了した楽曲は、オーディオCD以外にもMP3などデジタルオーディオ向きのファイルとして書き出したり、「Professional」ではSound Cloudにアップロードして、ダイレクトにインターネット上に公開することも可能だ

スタート画像

←↑画面の右上に並ぶ3つのボタンで、作業の入口となる「スタート」画面、曲作りを行なう「ソング」画面、マスタリングを行なう「プロジェクト」画面を瞬時に切り換えられる。なお、スタート画面では新規でソングやプロジェクトを立ち上げる際の設定や、最近使ったファイルの呼び出しなどが行なえる

↑ソングとプロジェクトは完全に連携しているので、例えばマスタリング中に各パートの修正が必要な場合、ソング画面に戻って調整すると、プロジェクト画面に並ぶ2ミックス後のサウンドも自動的に更新される

 PreSonusの「Studio One」は、ドイツのDAWプログラミングの巨匠ヴォルフガング・クンドゥルスらが中心となり、最新の技術によって開発された64ビットネイティブ対応の新世代DAWソフトだ。

 1つの画面で作業ができるシングルウィンドウや、ほぼすべての操作がドラッグ&ドロップで可能なイージーオペレーションをいち早く採用するなど、ストレスなく直感的に音楽制作が行なえるようになっている。しかも、最上位バージョンの「Professional」では、マスタリング機能も統合されているのが最大の特徴で、レコーディングやミックスをする「ソング」と、複数の曲をマスタリングする「プロジェクト」が完全にリンクしているため、他のDAWソフトではできない総合的な音楽制作が可能になっている。

 また、付属のプラグインは、エフェクトとソフトシンセ共に64ビット仕様となっており、特にエフェクトの高品位なサウンドは、海外のプロエンジニアやミュージシャンからも高い評価を得ていることで有名だ。

 今回登場した「2」はStudio Oneの最新バージョンで、基本機能に絞った「Artist」(PreSonus製品にバンドル)、標準的な機能を備えた32ビット版の「Producer」、そしてピッチ補正機能やマスタリング機能などをフル装備し、64ビットに対応している「Professional」の3種が用意されている。

また、低価格なうえに1つのパッケージでWindowsとMacの両方に対応し、最大5台のパソコンにインストールできるのも魅力的だ。

 宅録ビギナーはもちろん、すでに使い慣れているDAWソフトを持っている人にもオススメしたい製品だ。

バージョン2の主要な新機能

何と「Melodyne」のピッチ補正機能を統合!

 「Professional 」にはピッチ補正機能として、定番ソフトの「Melodyne Essential」が統合されている。まるでStudio Oneの機能の一部のように使えるので、操作性は良好だ。

現在主流のマスター形式「DDP」で書き出しが可能!

マスタリングした楽曲は、CDのプレス業者に渡すマスター音源の主流であるDDPファイルとして出力できる。プロ用マスタリングソフトにしかない機能が標準装備されているのは本当に驚きだ(※「Professional」のみ)

ドラッグ&ドロップだけでグルーヴ検出ができる!

オーディオ/MIDIを問わず、ワンタッチでクォンタイズが実行できる。また、トラック上のフレーズをドラッグするとグルーヴが検出され、それに合わせたクォンタイズも可能だ

非常に自由度の高いフォルダートラック機能

トラックの管理に便利なフォルダートラックは、たんにトラックをまとめるだけでなく、それ自体がバスとしても機能し、レベルの調整やエフェクト処理がより自由に行なえる

ギター用アンプソフト「Ampire XT」を追加!

新搭載された「Ampire XT」は、著名なアンプやキャビネットのモジュールに加えてエフェクター類も充実しているので、納得のいくギターサウンドを構築することが可能だ

響きが自然なIRリバーブ「OpenAIR」を内蔵!

「Professional」には、超リアルなリバーブ効果を作り出すIRリバーブ「OpenAIR 」が追加された。また、オリジナルのIRファイルを作成するツールが用意されているのも特徴だ

キーボーディストの川村ケンがStudio One2の機能をプロの目と耳で検証!

完成形を常にリファレンスにしながら、いつでも個々のトラックに戻れるのがすごい!

様々な機能が搭載されているStudio Oneだが、その実力を確かめるため、プロに実際に試奏をしてもらった。今回チェックをしてくれたのは、自らもDAWソフトで楽曲制作をしているキーボード奏者の川村ケンだ。

川村ケン かつてはシェイディ・ドールズのキーボードプレイヤーとして活躍し、バンド解散後は数多くのセッションに参加する傍ら、ソングライターとしても手腕を発揮。また、安室奈美恵のバックメンバーとしてライブツアーをこなす。最近では安全地帯のツアーでアナログシンセを中心としたキーボードサウンドを奏でている。

──まず最初に、Studio Oneの第一印象から教えてください

川村:まず、すごくわかりやすいし、画面がキレイで動きも滑らかですね。色味はカラフルだけど落ち着きがあって、シックな印象を受けました。

──1つの画面ですべてのウィンドウを表示するデザインはいかがですか?

川村:1画面の中で作業ができるというのはいいですね。家で作業をする時、マウスで画面をいちいち切り換えるのって、結構ストレスになるんですよ。でも、Studio Oneなら1つの画面で必要な情報がすべてパッと目に入ってくるので、そこも気に入りました。

──操作性についてはどうでしたか?

川村:先ほどから1時間半ほど試奏をしているんですけど、マニュアルの登場回数はゼロです。敷居が低くて間口が広いっていうか、新しいソフトを触る時の恐怖感がないですね。あと、動作が軽いのがいいですね。機能重視も大切ですけど、サクサクと作業ができることの方が重要ですから。エフェクトやオーディオのトランスポーズとか、緻密なプロセッシングをしているはずなのに、CPUに負荷をかけずに動いている。これは賢いソフトなんだなって感じました。

──64ビット対応オーディオエンジンのサウンドの印象はいかがですか?

川村:サウンドがすごくクリアで、精度が高いというか、キメ細かい印象ですね。先ほど、ジャズを聴いてみたんですけど、ピアノやサックスといった倍音の多い楽器もデジタルくさくないし、生楽器の音を忠実に再生してくれるんです。当たり前ですけど、ボク達は普段ナチュラルな音を聴いているんで、それがコンピュータやソフトを通しても削られていないっていうことは重要なんですよ。

──「Melodyne Essential」の統合についてはどうですか?

川村:Studio Oneの機能のように利用できるという発想がすごいですね。ボタンひとつでMelodyneが立ち上がって、StudioOneの画面の中に統合された形で開くので、サードパーティ製のソフトなのが信じられない(笑)。

──では、Studio One 2の中で特に魅力を感じた機能は何ですか?

川村:何と言ってもマスタリング機能が統合されている点に尽きますね。もし納品の時に「歌のブレスを取ってくれ」みたいなダメ出しがあっても、ソングに戻ってデータをちょっと書き換えればマスタリング後の音にすぐに反映されるわけですから。普通だったら、「やり直すからひと晩ください」みたいな作業が、おそらく数分でできてしまう。完成形を常にリファレンスにしながら、いつでも個々のトラックに後戻りできるのはすごいです。

──Studio One 2を導入したとしたら、どんな使い方をしますか?

川村:プロジェクト画面を使えば、複数の曲を並べた時の音量や音質を整える作業が簡単なので、アルバムを作ってみたいですね。ピアノの曲とロックな曲とか色々な曲調を混ぜても、うまくまとめることができる気がします。あと、ボクは同期を使うライブに参加することが多いんですが、「ソングに戻ってギターソロを2小節短くしちゃえ」といったことも瞬時にできるので、現場の皆さんがすごく助かるんじゃないでしょうか。

──最後に、Studio One 2はどんな人にオススメですか?

川村:誰にでも使ってもらえるソフトだと思いますよ。既存のDAWソフトと同じことはすべてできるうえにマスタリングにも使えて、さらに完成した曲をそのままSound Cloudにアップするとか、作ったものを人に聴いてもらうことまで含めて、あらゆるクリエイターにオススメできます。それが、この価格なのが信じられないですね。これが最初のDAWソフトという人がうらやましい限りです(笑)。

Studio One 2 動作環境

【Windows】
●対応OS:Windows XP SP2以降/ Vista / Windows 7(32/64ビット) ●CPU:Intel Core DUO、またはAMD Athlon 64 ●メモリ:2GB
【Mac】
●対応OS:Mac OS X 10 . 6 .8以降 ●CPU:Intel Core DUO ●メモリ:2GB
【Windows/Mac共通】
●必要な環境:インターネット環境、DVD-ROMドライブ、解像度1024 × 768以上のディスプレイ
※PreSonusのオーディオインターフェイスには、機能限定版の「Studio One Artist2」がバンドルされます。

登録楽器店を探す

問: 潟Gムアイセブンジャパン URL:www.mi7.co.jp/studioone