トップページ > リハスタでセルフレコーディングをしよう!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

リハスタでセルフレコーディングをしよう!

リハスタでセルフレコーディングをする際に役に立つ4つのポイント

Point1 スタジオに入る前に、DAWソフトのセッティングなどは済ませておこう!

ノートパソコンを持ち込んでDAWソフトに録音する場合は、スタジオに入る前にDAWソフトの録音トラックやプラグインの設定などを済ませておくと、スタジオに入ってすぐに録音が開始できる。
 その他に、どんな手順で録音をするかをシミュレーションしておき、自分で持ち込むものとスタジオで借りるものなどをあらかじめチェックしておこう。スタジオで借りる機材は、事前にスタジオに予約しておくと安心だ。

Point2 ギターアンプをいい音で録るコツは、音量とマイクのセッティングにあり!

 ギターアンプをマイク録音する際に気をつけたいのが音量だ。スタジオだからと大音量にし過ぎると部屋が響いてしまい、マイクに余計な反響が入ってしまううえに、位相のズレた迫力のない音になってしまう。スタジオといえども音量を適度に抑えて録音するのがコツだ。
 また、できるだけ少ないマイクで録るのもポイントだ。理想は3本以内で、1本はスピーカーのエッジ側をオンマイクで狙い、少し離した位置から2本のオフマイクでキャビネット全体をステレオで狙えばバランスのいい音で録れる。

Point3 ボーカル録音は、バッキングの音をヘッドホンでモニターするのが基本!

 ボーカルパートは、マイクにバックの演奏が被らないように単独で録音するのがオススメだ。その際に、ヘッドホンを使ってバッキングの音をモニターしながら録音すると、音が被らずに済む。
 ヘッドホンを使わずにPAスピーカーからオケを流して録る場合は、マイクをスピーカーに向けないようにしよう。また、指向性の狭い単一指向性のダイナミックマイクを使えば、被りを抑えたバランスで録ることができる。

Point4 少ないマイクでも、ステレオ感のあるバランスの良いドラム録音ができる!

 ドラムを録る際には、まずはドラム本体のチューニングやミュートをきちんと行なっておくことが大切だ。例えば、キックやフロアタムなどの低音にヘンな響きがあったら、ガムテープやタオルなどでヘッドや本体(シェル)をミュートして音をスッキリとさせておこう。
 次にマイクのセッティングだが、ドラマーの頭上から全体を狙う感じで2本のマイクをセットし、キック用にもう1本使えば、少ないマイクでバランスの良い録音が可能だ。2本のマイクはドラム全体の鳴りがいい位置に立てよう。

ハンディレコーダーでバンドの一発録音をうまく行なう方法!

ハンディレコーダーで録音する時の配置図

 ドラムを録る際には、まずはドラム本体のチューニングやミュートをきちんと行なっておくことが大切だ。例えば、キックやフロアタムなどの低音にヘンな響きがあったら、ガムテープやタオルなどでヘッドや本体(シェル)をミュートして音をスッキリとさせておこう。
 次にマイクのセッティングだが、ドラマーの頭上から全体を狙う感じで2本のマイクをセットし、キック用にもう1本使えば、少ないマイクでバランスの良い録音が可能だ。2本のマイクはドラム全体の鳴りがいい位置に立てよう。

ハンディレコーダーを探す

バンドでも個人でも、セルフレコーディングが思う存分できるスタジオはここだ!

マークの見方

ここからは、セルフレコーディング向けのサービスを行なっているオススメのスタジオを紹介しよう。左のマークの「個人練習利用料金あり」は、スタジオによって異なるが、利用人数は2人までで当日か前日に予約を受け付けているケースが多い。「専用駐車場あり」は、予約が必要なスタジオと先着順に受け付けているスタジオがあるので、事前に確認しておこう。
「各種レンタル機材あり」は、録音に必要なマイクやレコーダーなどの機材の貸し出しを行なっているということで、スタジオによって有料の機材と無料の機材があるので、こちらも事前にスタジオに確認しておきたい。

SOUND STUDIO NOAH

問:サウンドスタジオノア 代々木店 TEL:03 - 3408 - 8819
〒151- 0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4 -26 - 5 代々木ノアビル2F-7F

詳しくはこちら

スタジオに併設されるサブルーム(3〜6畳程度)。モニターやミキサーなどが用意されており、ノートPCなどを持ち込むだけで録音環境が整う。なお、窓や専用ディスプレイを通じて、演奏ルームの様子が確認できる

RMEのオーディオインターフェイスFire face UC。自前のPCにWebからドライバをダウンロード/インストールしておけばUSBでつなぐだけで使用できる

エンジニア派遣サービスの模様。使い慣れたリハスタ環境で、プロにマイクを立てたりしてもらえるのは、その後にセルフレコーディングを行なう時に役立つだろう

マイクはハットやトップに最適なAKG C451B(左)、低音楽器に強いAKG D112やオーディオテクニカATM25(中央)、ボーカル用のコンデンサーマイク、ブルーBaby Bottle(右)などを利用可能。リフレクションフィルターやポップガード、ヘッドホンも完備している

 スタジオノアでは、セルフレコーディング用のサービスを充実させており、特にオススメなのが代々木店、初台店、吉祥寺店、池袋店の4店だ。
この4店はモニタースピーカーを常設したサブルーム付きのスタジオを備えており、演奏する部屋と録音する部屋をセパレートしている。常設モニターでサウンドチェックを正確に行なえるのも有利な点だ。
 録音用のマイクを選べるのも魅力で、シュアSM57/SM58以外に、AKGのD112やC451B、オーディオテクニカATM25、ゼンハイザーMD421といったプロ定番モデルが使用でき、本格的なドラム録音もできる。さらに代々木店では、今月号の表紙を飾っている斉藤和義の歌録りでも使われた、エレクトロボイスRE20がレンタルできる。このマイクを使うためだけにスタジオに入っても十分お得だ。ヘッドホンもソニーMDR-CD900STという定番機を無料で貸し出しているので、歌録りなどのモニターに利用するといい。
 オーディオインターフェイスが借りられるのも心強い。4店舗共ハイエンド機であるRME製のインターフェイスが利用でき、最大18chのバンド一発録音が楽々こなせる。
 なお、2011年春からはエンジニアを派遣してくれるサービス(¥16,000〜)もスタート! 「演奏に全力を投じたい」、「プロ品質で録りたい」、「エンジニアのテクを直に学びたい」という人にぜひオススメしたい。
 リハスタながらも録音を熟知し、高音質かつ扱いやすい機材を充実させている点が、同スタジオがセルフRECに適する最大の理由と言えよう。

SOUND STUDIO ABELL

【アベル1】 TEL:048-474-7511
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎1-3-10 AX-1ビル3F
【アベル2】 TEL:048-473-1269
〒351-0022 埼玉県朝霞市東弁財1-3-9 イーストアレイビル1F

詳しくはこちら

●最寄り駅:東武東上線「朝霞台駅」、JR武蔵野線「北朝霞駅」徒歩0分

 サウンドスタジオ・アベルは、全8室に、シュアSM58、マーシャル、JC-120を常備し、MDやカセットテープ、PCMレコーダー「タスカムDR-07」でのセルフレコーディングが可能となっている。また、ギター、ベース、シンセ、追加のマイクなどは、有料でレンタルできる。なお、個人練習は当日受付となっている。

STUDIO GOATEE

TEL:03-6794-6622
〒177-0054 東京都練馬区立野町10-2

詳しくはこちら

●最寄り駅:JR/京王井の頭線「吉祥寺駅」徒歩15分、西武バス「立野町」下車徒歩1分

スタジオ ゴーティーは、スタッフが常駐しているリハスタというスタイルではない、セルフレコーディング専用スペースを貸し出している。「利 用者のプライベートスタジオ」というコンセプトのもと、録音に必要な充実した機器と設備を思い通りに操作でき、高品位なレコーディングが低価格で行なえる。詳しい利用方法はホームページを参照してほしい。

Sound Studio AFTER BEAT

【高円寺南口店】 TEL:03-3311-2663
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-34-14

詳しくはこちら

スタジオは全5室あり、マイクは3本まで無料。常備されている業務用CD-Rレコーダーで、バンドの一発録りも可能だ

●最寄り駅:JR中央線/総武線「高円寺駅」南口より徒歩1分

専属エンジニアによる本格的なレコーディングサービスは、24畳の301stとミックスルームを使って行なわれる。基本システムはPro Tools HD9とToft Audio DesignsのATB 16で、料金も平日限定レコーディングパックなら¥39,800(6時間)〜とリーズナブルだ

 音楽の街「高円寺」で人気の老舗スタジオが、ここアフタービートだ。11畳〜24畳までの5つのスタジオとミックスルームを完備しており、リハーサルから本格的なレコーディングまで幅広く対応してくれる。
 セルフレコーディングに関しては、「ドラム用レコーディングマイク・セット」や「ボーカル用レコーディングマイク・セット」といった、普段使うことのできないプロ用の機材をオプションで借りることができる。また、専属エンジニアが「ドラムだけ」、「ボーカルだけ」など、1つのパートのみを録音してくれるサービスも行なっているので、録音テクに自信がない人も安心してオマカセできる。
 また、スタジオの中に無線LANと有線LANを完備しており、ニコニコ生放送やUstreamなどで、リアルタイムのライブ配信も可能だ。

bumblebee studio

TEL:03-5209-6655
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-5-2 KDX鍛冶町ビルB1F

詳しくはこちら

●最寄り駅:JR神田駅北口より徒歩2分、東京メトロ銀座線神田駅4番
出口より徒歩1分 東京メトロ丸ノ内線淡路町駅 及び 都営新宿線小川
町駅A1出口より徒歩4分

17畳のGstudioでは、簡単に高音質な録音ができる新感覚のセルフレコーディングサービス「即レコ24」が10月15日からスタートする!

写真右の天吊マイクは、ノイマンのBCM705。写真左下のマイクプリは、アポジーのMini MP。その上のミキサーは、クレストオーディオ のXR20

 バンブルビースタジオは、全7室にノイマン、アポジー、クレストオーディオ、コミュニティといった海外製のプロ用音響機器を設置している本格派のリハスタだ。また、全室最大天井高が3m以上あることで、これらの高級機器を使って、抜群の音の良さを体感できるのも魅力。そして何と、1964年製のフェンダー・ストラトキャスターと1968年製のギブソンES-335TDがレンタルできるのだ(有料)。
さらに最新のトピックスとして、G studioには録音機材を持って行かなくてもセルフレコーディングができるクラウド型24チャンネルセルフ録音サービス「即レコ24」を導入している。また、個人練習(2人まで)は前日から予約できるので、ぜひとも利用してみよう。

bazooka studio

TEL:03-3353-7208
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-15 ふるたかビルB1F/B2F

詳しくはこちら

●最寄り駅:地下鉄「新宿御苑前駅」
新宿門方面出口(1番出口)徒歩30秒

日本を代表するエンジニアが所属しているレコーディングスタジオ「バズーカ・スタジオ」では、完全プロ仕様のPro Tools HD 3 Accelを自由に 使ってセルフレコーディングが行なえる「セルフRec.」サービスを行なっている。現役のレコーディングエンジニアからのアドバイスを受けることも可能で、料金も¥16,800(6時間)からと非常にリーズナブルだ。

Vivo Sound Studio

TEL:03-5391-3411
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-3 キウレイコンビルB1F

詳しくはこちら

●最寄り駅:JR/西武/東武/
地下鉄「池袋駅」北口徒歩2分

池袋駅北口から徒歩2分のヴィーボ・サウンドスタジオは全4部屋で、セルフレコーディング用マイクセットやMTRのレンタルがあり、リーズナブルに高音質な録音ができる。
また、グランドピアノのある部屋でウッドベースをレンタルすれば、ジャズもOKと、様々なジャンルに対応している。なお、プロエンジニアによるPro Toolsレコーディングも好評だ。