トップページ > POD HD Pro 緊急試奏レポート!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

アナログ&デジタル入出力の充実したモデルが登場!POD HD Pro 緊急試奏レポート

本物のアンプにもまったく引けを取らないハイクオリティなサウンドで話題を呼んでいるPOD HDシリーズに、ついにラックタイプの「POD HD Pro」が登場した。製品名の通り、まさにプロ仕様のスペックを誇る今回のニューモデルを早速レポートしよう!

今回発表されたPOD HD Proをひと言で言い表わすならば、「ギタリストがレコーディングをする時に頼りになる最高最強の相棒」といったところだろう。一番の特徴は、アンプやエフェクトのモデリングの精度が、他製品と比べてズバ抜けて高い点だ。前身モデルのPOD X3のモデリングを根本から見直し、有名アンプの音質や真空管の特性を徹底的に解析した結果、プロでも本物のアンプと区別が付かない超リアルなサウンドを実現している。さらに、同社のMシリーズ直系のエフェクトを111種類も内蔵しており、これ1台で作れないギターの音はないと言っても過言ではない。
また、アナログとデジタルの入出力が充実しており、あらゆる接続方法に対応しているのも見逃がせないポイントだ。中でも内蔵のアンプやエフェクトのモデリングを通さない状態の信号を出力することができる「ドライアウト端子」や、直接バランス信号をPA卓などに送ることができるステレオのバランスアウト端子を備えている点は、レコーディングとライブのどちらで使う際も心強い。
さらに注目なのが、ファンタム電源に対応しているマイクインが装備された点だ。デスクトップ型のPOD HDにもマイクインは備わっていたが、ファンタムには対応していなかった。しかし、POD HD Proではコンデンサーマイクを使ってボーカルやアコギが録音できるようになったのだ。もちろんオーディオインターフェイス機能も装備。その性能と音質も秀逸で、本機の高音質なトーンを、クオリティを落とさずにUSB経由でそのままDAWソフトに録ることができる。
プロ仕様のスペックを有し、これ1台でギターのライン録音と、歌などのマイク録音が両方できてしまう本機は、すべてのギタリストにオススメのモデルだ。

収録アンプモデリング一覧

  • ●Blackface Double nRm (フェンダー'65 Twin Reverb)
  • ●Blackface Double VIB(フェンダー'65 Twin Reverb/ビブラートチャンネル)
  • ●Tweed B-Man nRm(フェンダー'58 Bassman)
  • ●Tweed B-Man BRT(フェンダー'58 Bassman/ブライトチャンネル)
  • ●Blackface 'Lux nRm(フェンダー'64 Blackface Deluxe Reverb)
  • ●Blackface 'Lux VIB (フェンダー'64 Blackface Deluxe Reverb/ビブラートチャンネル)
  • ●Hiway 100(ハイワット'73 Custom 100/DR103)
  • ●Super O(Supro S6616)
  • ●Gibtone 185(ギブソン'39 EH-185)
  • ●Divide 9/15(デバイディッド by 13 JRT 9/15)
  • ●PhD Motorway(Dr.Z Route 66)
  • ●Class A-15(VOX '60 AC-15)
  • ●Class A-30 TB(VOX '67 AC-30/Top Boost)
  • ●Brit J-45 BRT(マーシャル'65 JTM-45 MkU)
  • ●Brit J-45 nRm(マーシャル'65 JTM-45 MkU/ノーマルチャンネル)
  • ●Brit J-800(マーシャル'82 JCM-800/2204)
  • ●Brit P-75 BRT(パーク'71 Park 75)
  • ●Brit P-75 nRm(パーク'71 Park 75/ノーマルチャンネル)
  • ●Bomber Uber(ボグナーUberschall)
  • ●Treadplate(メサブギーDual Rectifier/Solo)
  • ●Angel F-Ball(エングルFireball 100)
  • ●Line 6 Elektrik(ライン6オリジナル)

←フットタイプのPOD HD500や、デスクトップタイプのPOD HDと同じく、ツヤ消しブラックの精悍なルックスが印象的だ。なお、搭載されているアンプ とエフェクトの数などは、これまでのHDシリーズを継承している

←アンプやエフェクトのモデリングを通さない音が出力できるドライアウトや、ステレオのバランスアウト、本機をオーディオインターフェイスとして 使う際、コンピュータと接続するのに使うUSB端子など、豊富な入出力をリアに備えている

↑フロントパネルの左側には、ギターイン以外にファンタム電源に対応したマイク用のXLR端子を装備。さらに、ローカットスイッチとパッドスイッチも付いている

SPEC

■アンプモデル:22 ■キャビネットモデル:16 ■マイクモデル:8 ■エフェクト:111 ■プリセット:512 ■最大同時エフェクト数:8 ■入出力端子:ギターイン、マイクイン(ファンタム電源対応)、ラインイン(フォーン、L/MONO、R)、S/P DIFイン/アウト、AES/EBUイン/アウト&スルー(L6 LINK兼用)、Variaxデジタルイン、FBVフットコントローラー端子、アンバランスアウト(フォーン、L/MONO、R/MONO)、バランスアウト(XLR、L/R)、ドライアウト、ヘッドホン端子、エフェクトセンド/リターン(L/MONO、R)、MIDIイン/アウト&スルー、USB端子 ■その他:ルーパー機能 ■外形寸法:483(W)×89(H)×200(D)mm ■重量=4.0kg

問い合わせ

価格:オープンプライス(市場予想価格=¥73,800前後) 問:ティアック(株)タスカムカスタマーサポート
発売日:10月下旬  フリーダイヤル:0120-152-854
TEL:042-356-9137  Line 6 Japan株式会社 URL http://jp.line6.com/podhd/pro/

登録楽器店で探す

POD HD Proの実力を徹底検証!

↑今回は、ピックアップにレースセンサーを搭載したフェンダー・ストラトキャスターでアンプやエフェクターをチェックし、ロードのNT3というコンデンサーマイクでマイクプリ部の音質を確かめてもらった。なお、本体での操作だけでなく、無償ダウンロードできる専用エディター(下写真のディスプレイに表示)を使っての操作感もチェック。どちらでも操作ができるフレキシブルさは魅力的だ

これ1台あればボーカルとギターが録れてしまうのは本当にすごいです!

─まずは土肥さんとライン6のアンプシミュレーターとの出会いから教えてください。

土肥:ボクの場合は、ハードウェアのアンプシミュレーターが市場に出始めたばかりの頃に、すぐにPOD PROの初期型に飛びついたんですね。仕事柄ライブで酷使することが多いので、とにかく頑丈なことと、バランスでラインアウトできることが導入の大きな決め手となりました。プロの現場では、バランス接続が常識ですから。なので、「ライン6は信頼できる」と思いましたね。

─では今回、POD HD Proを試してみての第一印象は?

土肥:やはり、ファンタム電源対応のマイク端子が付いているのがポイントですね。今回はロードのNT3で試してみましたけど、ヘンな色付けがない素直な音質で、何も問題は感じなかったですね。録音レベルもツマミで調整できるし、パッドスイッチとローカットスイッチも付いているので、スペック的には十分だと思います。ローカットの効きも良かったですね。これ1台あれば、ボーカルとギターが録れてしまうのは本当にすごいです!

─オーディオインターフェイスとしての性能はいかがでしたか?
土肥:仕事で使うのに問題のないレベルに達していました。あと、ダイレクト音が出せるドライアウト端子が付いているのも注目ですね。プロジェクトによっては最初にギターの音を決めきれない場合もあって、そんな時にドライアウトから素の音を録っておいて後で本物のアンプでリアンプをすれば、どんなケースにでも対応できます。素の音を再びPOD HD Proに戻して、別のアンプモデリングで録り直すのもありだと思いますね。

─他に気になった点は?

土肥:うれしかったのは、初期型から継承されているツマミが搭載されていることですね。PODの場合は、ギターアンプと同じ感覚でドライブを上げ下げしたりEQの調節ができるんです。ツマミの大きさもアンプを意識した大きめなデザインになっているので、ライブで使っている時とかも、ちょっとした音質補正がすごく楽なんですね。

─実際にアンプサウンドを鳴らしてみて印象に残った点はありますか?

土肥:HDシリーズになって、レイテンシーがかなり解消されていると思いましたね。アンプシミュレーターというのはレイテンシーの問題が付きもので、発音が遅れるとギターを弾く時に無意識でタッチが強くなってしまうんですよ。そうすると、ギタリストが本来出したい表現が出せなくなってしまうんです。それがPOD HD Proの場合、レイテンシーがほとんどなかったので、ピッキングでの微妙なニュアンスも忠実に出せました。

─では、本物のアンプサウンドを知り尽くしているプロの耳で確かめてみて、サウンドクオリティはいかがでしたか?

土肥:方向性は従来のPODの延長上にあるのですが、それがすごく濃くなったような印象ですね。特にチューブアンプ系のシミュレートは優秀で、独特の太さや暖かさをよくここまで再現できたなと感心しました。

─試奏してみて、特に気に入ったアンプモデリングはありましたか?

土肥:マーシャルJCM800のモデリングが気に入りましたね。世代的にものすごく使い込んだアンプなので、それがそっくりなのがうれしかったです(笑)。あとはVOXのAC30も良かったです。マーシャルもそうですが、この手のアンプは歪み方に独特な味があるのでシミュレートするのはかなり大変だと思うんですけど、すごくいい感じに仕上がっていましたね。

─エフェクターはいかがでしたか?

土肥:基本となるエフェクターがちゃんと押さえられていて、しかもどれもがデジタルくさくなく、ちゃんとアナログエフェクターの暖かみを再現しているところがすごいと思いました。特にプロコのRATは実機もお気に入りなんですけど、ブラインドテストをしてもわからないくらいよく出来ています(笑)。

─最後にこのPOD HD Proは、どんな人にオススメでしょうか?

土肥:ボクらのようなプロはもちろんですが、DAWソフトでドラムとベースを打ち込んで、あとはこれでギターと歌を録音すれば1曲出来てしまうので、宅録を始めようと思っている初心者にもオススメだと思います。