トップページ > ボーカルエフェクターの使い方 TC・HELICON「VoiceTone Singles シリーズ」(T1/C1/D1/R1/H1 etc...)

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

ボーカルエフェクターの使い方

皆さん、こんにちは! この記事を読んでくれるということは、あなたは弾き語りの流しの方でしょうか?それともバンドを引っ張るボーカリストの方でしょうか? いずれにしても「VoiceTone Singles(ボイストーン・シングルズ)」という今注目のボーカルエフェクターが、あなたを心から
楽しませてくれることは間違いありません。ボーカリストのために生まれてきたコンパクトエフェクター。その魅力をじっくりと解説してみたいと思います。

皆さんの中には、ギター用のコンパクトエフェクターに直接マイクをつないで「アレッ、なんかちゃんと声が聞こえない。。。」という経験をした人も多いのではないでしょうか? これは、コンパクトエフェクターの入力インピーダンスがもともとギター用のハイ・インピーダンス設計となっているために、信号レベルが低いマイクでは使えないのが原因です。

しかし、今回紹介する「VoiceTone Singles シリーズ」は、そんな問題はありません! 「VoiceTone Singles シリーズ」にはマイクプリが搭載されているので、いきなりボーカルマイクのケーブルをつないだら素晴らしいサウンドが出せます。しかも「VoiceTone Singles シリーズ」の色んなモデルを組み合わせることも簡単です。
このページの後半に各モデルの特徴を紹介していきますが、声(歌)がとにかく超ハッキリ/クッキリと聴こえるようになる「T1」という製品を筆頭に、今や定番になった感もあるパフューム系のケロケロボイスが楽しめる「C1」、カフェやちょっとした空間でのライブに最適なリバーブ「R1」など、ギタリストが曲やフレーズに合わせてコンパクトエフェクターを切り換えるように、ボーカリストも曲やその日の気分に応じて、自分の歌声を自分自身でコントロールできるわけです。

マイクとエフェクターの接続

従来のギター用コンパクトエフェクターの場合

インピーダンスが違うので、マイクとコンパクトエフェクターを直接つなぐことはできない。。。

VoiceTone Singlesコンパクトエフェクターの場合

ボーカルマイクとVoiceTone Singlesを直接つないで使用することができる!

ボーカリストが「VoiceTone Singles シリーズ」を使うために、開発元のTC・HELICONは様々な工夫をしています。各製品がとても高音質であることは言うまでもありませんが、その一番大きなポイントは同社のマイク「MP-75」を使って「VoiceTone Singles シリーズ」のエフェクトのオン/オフができることでしょう。今までのボーカリストは、どうしても会場のPAさん(音響担当スタッフ)にすべてをお任せしていたと思います。でも、エフェクトのオン/オフが自分のタイミングでできるということは、すっごく画期的だと思いませんか? この機能を利用すれば、曲のイントロでちょっと雰囲気の違うエフェクティブな声を演出したり、サビで深いリバーブをかける、なんてこともできちゃうわけです。もちろん、使い方はあなた次第。各モデルの特徴をページ下段で紹介しているので、ぜひともチェックしてみてください。

オススメのマイク

ボーカリスト用の「MP-75」マイクで各モデルのエフェクトのオン/オフが可能!

「VoiceTone Singles シリーズ」はどんなマイクでも使用することができるが、同社の「MP-75」(別売)を利用すれば、各エフェクトのオン/オフを「MP-75」上のスイッチで切り換えられる。
ちなみに、「VoiceTone Singles シリーズ」の側面に付いている「MIC-CONTROL」を有効にしておけば、「MP-75」でエフェクトをオン/オフできるようになる。

便利な周辺アイテム

複数のモデルを接続するための「VoiceTone Singles Connekt kit」も用意!

TC・HELICONは、複数の「VoiceTone Singles シリーズ」を接続するためのコネクトキット「VoiceTone Singles Connekt kit」(別売)も用意している。「VoiceTone Singles Connekt kit」には、12V電源アダプター(1個)、DC電源分配ケーブル(3本)、15cm XLRケーブル(3本)が付属されており、各モデルを非常にコンパクトに接続できるのが特徴だ。

エフェクトコントロール付きパフォーマンスマイク

MP-75

登録楽器店で探す

「VoiceTone Singles シリーズ」のエフェクトのオン/オフを切り換えるスイッチを装備したマイク。
ライブでの使用を前提としており、軸外ノイズとハウリングに強いスーパーカーディオイド(超単一指向)ダイナミック・カプセルを搭載。50Hz〜18kHzの周波数特性を実現しているのもポイントだ。

エフェクト接続キット

VoiceTone Singles Connekt kit

登録楽器店で探す

「VoiceTone Singles シリーズ」を複数台接続するためのキット。
12V電源アダプター(1個)、DC電源分配ケーブル(3本)、15cm XLRケーブル(3本)が付属されている。

PAGE TOP

2011年7月中旬発売予定

エコー&タップディレイ・エフェクト

VoiceTone E

「スラップ」、「タップ」、「FX」など、13種類のエコーを装備したエフェクター。
タップテンポを搭載しており、曲のテンポに応じたエコーを簡単に作り出すこともできる。また、Analog(アナログ)ボタンを有効にすることで、テープエコーのようなソフトな響きを演出することもできる。

メガフォーン&ディストーション・エフェクト

VoiceTone X

テレフォン/ディストーション/アンプの3カテゴリーに分類された8つのプリセット搭載したエフェクター。パンク系のライブボーカルはもちろん、インパクト勝負のシャウト系まで、とにかく叫びたい人にベストマッチのモデルだ。スタイルの周波数バンドを調節するフィルター・ノブも装備。

VoiceTone Singlesに関するお問い合わせ先

TCグループ・ジャパン株式会社 info@tcgroup-japan.com
〒151-0073東京都渋谷区笹塚3-2-15-4F Phone: 03-5302-4947 Fax: 03-5302-0192