トップページ > ヘッドホンの選び方

人気ヘッドホンを選ぶ時の基礎知識

自宅で録音やミックスをする際に必携のアイテムがヘッドホンだ。しかし、ひと口にヘッドホンと言っても、 レコーディングやミックスで使用するモデルからリスニング向けのモデル、さらには携帯音楽プレイヤー 向けのカナルタイプなど、様々なモデルが発売されている。そこで、まずはどんなモデルが音楽制作に 向いているのかから解説していこう。

ミックスレコーディングにはスタジオモニタータイプを選ぼう!

まずはヘッドホンのタイプから説明してみよう。
 形状としては「ヘッドセットタイプ」(頭にかけるタイプ)と、「イヤホンタイプ」(耳に直接差すタイプ)の2タイプがあり、さらにヘッドセットタイプ の中には、耳を覆う部分の構造の違いで、「クローズドタイプ」、「オープンエアータイプ」、「セミオープンタイプ」という3タイプがある。

次に音質の傾向に関してだが、大きく分けて「リスニング用」と「音楽制作用」の2つのタイプに分けることができ、「リスニング用」は再生した 音を心地よく聴かせるために、ある程度音色の加工を行なっているのに対して、「音楽制作用」のモデルは、別名「スタジオモニター・ヘッドホ ン」とも呼ばれているように、音素材を色付けすることなく再生することが重要なファクターになっている。

ただ、スタジオモニター・ヘッドホンの中にも、メーカーによって「クリア重視タイプ」や「解像度重視タイプ」、「大音量重視タイプ」、「低音再 生重視タイプ」といった音質の傾向で分けることができ、大まかに言うと、ミックスには「音質重視タイプ」や「解像度重視タイプ」が、録音には 再生音が歪みにくい「大音量重視タイプ」や、表現力の豊かな「音色重視タイプ」が向いていると言われている。また、ベースやドラムなどを モニターする場合には「低音重視タイプ」を選ぶのもいい選択だ。

音楽制作にオススメの主なヘッドフォンのタイプ

セミオープンタイプ(半開放型)

クローズドタイプとオープンエアタイプの中 間的なタイプで、オープンエアタイプほど の音漏れはなく、自然でダイレクトな音質 が得られる音質と機能を兼ね備えている。 同じ部屋で数人の同時録音を行なう場合 でも、ヘッドホンをしたまま普通に話ができ るので、バンド録音などにはオススメのタイ プだ。ただ、クローズドタイプのような完全 な密閉ではないので、ボーカルやアコギの ような繊細なパートの録音ではヘッドホンの 音量は上げられない。

オープンエアタイプ(開放型)

耳を覆うハウジング部分(振動板の背面)に 穴が空いており、逆相の音が外に抜ける構 造になっている。そのためスピーカーで鳴ら した感じに近い、自然で空気感のある音質 が得られる音質重視のタイプといえる。 しかし、その反面音漏れがするため、モニタ ー時には外環境ノイズが入り込んだり、レコ ーディング時にはマイクなどにヘッドホンか ら漏れた音が収音されてしまうこともあるの で、録音時にはヘッドホンの音量を下げて使 用しよう。

クローズドゥタイプ(密閉型)

耳を覆うハウジング部分が密閉構造になって いるため外に音が漏れず、レコーディング時 には最適なタイプだ。音質は、小音量から大 音量までクリアでダイレクトなサウンドが得ら れるのが特徴で、外部からの環境ノイズに邪 魔されることもなく、集中して録音やミックス の作業が行なえる。音楽ジャンルはオールマ イティに対応しており、プロのレコーディング スタジオでは定番になっているタイプだ。

音質はもちろんのこと、装着感も大切なポイント!

音質以外では、装着感もヘッドホン選びの大切なポイントとして挙げられる。
 レコーディングやミックスの作業は長時間におよぶことも多いので、イヤーパッド部(耳に当たる部分)の素材や形状、大きさ、重さなどは特 に重要になる。素材に関しては、布や合成皮革、さらには本革を採用した高級モデルなど、様々な素材があるが、楽器店などで実際に装着し て、肌触りが良くて、自分の耳の形や大きさに合ったものを選びたい。
 また、このイヤーパッド部にも耳全体をスッポリと覆い込むタイプと、耳の上に乗せるタイプの2つのタイプがある。長時間使用するのならば、 耳を覆い込むタイプの方が耳にストレスを与えないので、音楽制作には向いている。
 ちなみに、音楽制作でヘッドホンを使用する際の音量の設定は、リスニング時とは違って、迫力は必要ないので、低音から高音がスムーズ に聴き取れ、歪みやコンプレッションのない音量にセットすることが大事だ。そのためには、余裕を持たせた音量調整がポイントになる。

ヘッドフォン各部の名称とそれぞれの役割

パーツなどの違いによる特徴とメリット

ヘッドセット(シングル)タイプ

多くのヘッドホンに採用されている ヘッドセットがこのシングルタイプ だ。長時間使用していても圧迫感 が少ないものが多いので、快適に 録りやミックスが行なえる

ヘッドセット(ダブル)タイプ

2つのヘッドセットで頭を包み込む ように装着できるタイプ。頭を振っ てもヘッドホンが落ちにくいので、 ドラム録音やステージなどでは便 利だ

イヤーパッド可変タイプ

イヤーパッドの部分が折り畳めた り、回転するタイプ。DJのように 片耳で楽曲をモニターしながら、 ミックスについてメンバーと打ち 合わせすることもできる

コード脱着可能なモデル

ケーブルやプラグが壊れても、ケ ーブル部分だけ交換すればOKと いう便利なタイプで、ストレートケ ーブルとカールケーブルを交換で きるモデルもある

イヤーパッドのサイズによる音質の傾向

「オンイヤー型」とも呼ばれる、耳 に直接乗せるように装着するタイ プ。ダイヤフラムと耳の穴との距 離が近いため、より正確なモニタ リングが行なえるという特徴がある 。ただし、音漏れすることも多いの で、電車の中などで使用する際に は周囲に注意が必要だ

その他 1また

耳全体をスッポリと覆い込むタイプ のヘッドホン。「インイヤー型」とも呼 ばれており、耳とハウジングの間に 隙間が生まれるため、ミックスなど で長時間使用していても、耳が疲れ にくいというメリットがある。外部との 遮音性が非常に高いのも重要なポ イントだ

耳を覆うタイプ

ヘッドフォンのカタログに載っている用語の意味

再生周波数特性

周波数特性は、別名「フリーケンシーレスポンス」とも表記され、数値の意味は、低い音から高い音まで一定の音量でどの程度再生してくれるかを 測定したものだ。この数値の幅が広ければ広帯域での再生能力があると言えるが、必ずしもそのモデルの音質自体の善し悪しを表示している訳 ではない。

最大許容入力

最大許容入力は、瞬間的に入力された特定の周波数でどこまでの入力(カタログに●●mWと表示されている数字)に耐えられるかを表わした数値。

インピーダンス

信号に対する抵抗値のことで、ヘッドホンの場合、同じアンプを使用して同じパワーをかけた時に、ヘッドホンから出力される音量がこの数値で変 わってくる。例えば、4Ωと8Ωでは4Ωの方が音量が大きい。

ドライバー

ドライバーは、ヘッドホンの心臓部ともいえる音の発信源で、このドライバーの振動板の大きさの単位はφ(パイ)で表記される。φが大きいと 低音再生に優れているが、レスポンスは緩くなる。逆に小さいと高域特性に優れ、レスポンスが敏感になる。また、このドライバーのボースコイル の材質や巻き数で周波数特性が変化し、音質も変化する。

感度/出力音圧レベル

基準レベルの信号をヘッドホンに入力した時に出る音の大きさを示した値。値が大きいほど、同じボリュームでより大きな音が出せる。