トップページ > 「AYRAシリーズ」の魅力に迫る!宅録での使用にピッタリなニアフィールドモニターの新定番

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

「AYRAシリーズ」の魅力に迫る!宅録での使用にピッタリなニアフィールドモニターの新定番

AYRAシリーズは、リスニングポジションから近い距離に置いて使用するのを想定して設計されている「ニアフィールドタイプ」と呼ばれるモデルで、ウーファーの口径が異なる3機種がラインナップされている。 エンクロージャー(筐体)のサイズは十分な容積があり、横長のバスレフポートをフロント面の下部に備えているため、どのモデルも豊かな低域を鳴らすことが可能だ。ツイーターは3機種共に1インチのソフトドームタイプを採用。パワーアンプも各サイズに合わせた十分な出力を得られるものが内蔵されている。
 また、不意の過大入力に対してスピーカーを保護するリミッター回路も装備しているので、モニタースピーカーの扱いに慣れていないビギナーでも安心だ。 背面にはXLR(バランス)、 フォーン(TRSバランス/アンバランス)、RCA(アンバランス)という独立した3種類の入力端子を搭載しており、さらに入力感度調整用の無段階ボリュームと、高域調整用のHFTRIMスイッチも装備している。
 音の印象だが、3機種に共通しているのは、耳に痛くないシャープな高域と、サイズ感プラスα分のツヤがある低域により、パワフルで素直なサウンドを得ることができるという点だ。先述の通りフロント面にバスレフポートが付いているので、スピーカー後方の状態に神経を遣う必要がそれほどなく、ベストなリスニングポジションを比較的簡単に見つけることができるだろう。 最近、筆者も外部のスタジオでレコーディングをする時は、AYRA5をニアフィールドモニターとして持ち歩いている。音を聴いていてとにかく楽しいモデルなので、音質の傾向さえつかめば、誰でも楽しみながらレコーディングの作業をスムーズに進められるようになる、オススメのスピーカーだ。

製品情報詳細

AYRAシリーズ統合ページ


製品情報補足

プロの証言!HIFANAとurban.氏がAYRA6を現場に導入している理由

(L to R)ジューシー、urban、KEIZOmachine!

スタジオ
↑メインスピーカーとして活躍しているAYRA6。木の板に直に置いているが、インシュレーターを使わない方が音がしっくりしたという

──まずは、urban.氏とハイファナのお2人がRCFのAYRA6を導入しようと思ったきっかけを教えてください。

urban.:スタジオのリハーサル用のPAスピーカーを、新たに買い替えたのがそもそものきっかけですね。以前は別のメーカーの10インチくらいのスピーカーを使っていたんですけど、それだとあまりローが出なかったんですよ。ボクらが作っているのはクラブミュージックなので、「ローが効いたデカい音でやりたい」と思っていて。それでRCFのART412-AというPAスピーカーと、SUB 705-ASというサブウーファーを導入してみたら、それがすごく良くて。それでコントロールルームのメインスピーカーもRCFにしようと思って、AYRA6を入れました。

──使ってみた印象はどうですか?

urban.:上下の周波数帯域をちゃんと伸ばしてレンジを整えているというか、音のエネルギーや量感が万遍なく出ていると思いますね。あと、以前コントロールルームでミックス用に使っていた他メーカーのスピーカーに比べると、AYRA6の方が長時間使用していても耳が疲れないんですよね。普通のスピーカーだと、耳が痛くなるようなミッドハイの帯域がまろやかで落ち着いていんですよ。その分、ミッドローが膨らんでいて、それがAYRA6のクセというか特徴になっていると思います。僕の場合、ミッドハイは耳が痛くならない程度の方が好きだし、低音の伸びもすごくいいので、そういった点も気に入っています。

ジューシー:例えば、あまり低音が出ないような小さなスピーカーで音楽を聴いていて、ちゃんとしたスピーカーにつなげてみた時に「うわ、こんな曲だったんだ!」って驚く瞬間ってあるじゃないですか。AYRA6で鳴らしたサウンドを聴いた時は、まさにそういう感動を思い出しましたね。ボクの場合は、今までヘッドホンで作業することが多かったので、大きなスピーカーでしっかり鳴らして音を感じるっていう機会があまりなかったんですよ。

KEIZO:そういう意味で、AYRA6の迫力あるサウンドは本当に楽しいですね。

──音の分離感などはいかがでしたか?

urban.:いいと思いますね。定位感もしっかりしているし。バスレフが横長なので、ローの量が出る分、もしかしたらちょっと定位もワイド気味なのかもしれないですけど、それが音像の広がりにもなっているように思います。例えばベルデンのような、若干ハイの伸びがよくなるような硬めのケーブルを繋げると、ハイのヌケも良くなるかも知れないですね。

──どんなジャンルの音楽に向いたスピーカーだと思いましたか?

urban.:一応、ひと通りのジャンルを試聴してみましたけど、どんなジャンルにも向いていると思いましたね。ただし、ローがよく伸びるスピーカーなので、他のスピーカーに比べてクラブミュージックを聴いた時の楽しさはより感じられると思いますね。

──今後は音楽制作にもAYRA6を活用する機会が増えそうですか?

ジューシー:増えると思います!(笑)

urban.:ジューシーくんの作るトラックって、結構リバーブも深い設定にして使うんですよ。AYRA6はリバーブのかかり具合とかも非常に見えやすいし、そういう意味では今後ジューシーくんの楽曲はもっと良くなりそうな気がしますね。独特なサウンドが生まれるんじゃないかって今から楽しみです。

──最後に、AYRA6はどんな人にオススメしたいですか?

urban.:スペック的にもコストパフォーマンス的にも、これから宅録を始めようと思っている人にとって最適なエントリーモデルだと思います。

KEIZO:リスニング用としても聴いていて楽しいし、作業用としても長く使えるモニターだと思いますよ!

「ビッグビーチフェスティバル」ではRCFのPAシステムが大活躍!

ビッグビーチフェスティバル
Photo by Masanori Naruse

初夏の恒例となっている音楽イベント「BIG BEACH FESTIVAL’13」が、6月2日に千葉・幕張海浜公園内の特設会場で開催された。ベースメント・ジャックスやファットボーイ・スリム、そしてHIFANAのKEIZOmachine!といった錚々たるアーティストが出演し、詰めかけた25,000人は大熱狂!
 なお、当日3箇所に設置されたステージの上には、すべてRCFのPAスピーカーが組まれており、オーディエンスはその迫力のサウンドを体感していた。

urban. Profile

urban.

スタジオ「ぽてとスタジョイ」を拠点に活動しているレコーディングエンジニア。アナログとデジタルの良さを活かした独自の音作りで高い支持を得ている。なお、これまでにUA、ハナレグミ、EGO-WRAPPIN’、LEO今井、LittleCreatures、畠山美由紀、noon、アン・サリー、口ロロなど、名だたるメジャーアーティストの作品を幅広く手掛けている。

HIFANA Profile

KEIZOmachine!とジューシーによるブレイクビーツユニット。1998年より活動を開始し、2003年11月にファーストアルバム『Fresh Push Breakin’』でデビューを飾る。サンプラーやエフェクターなど、パッド系の機材をリアルタイムに叩きながらビートを生み出し、そこに映像をシンクロさせる独奏的なパフォーマンスは、国内だけでなく海外でも高く評価されている。

HIFANA(http://www.hifana.com

■お問い合わせ:(株)バラッド(TEL:03-3324-4260)
※「AYRAシリーズ」総合ページはコチラ!