トップページ > 1台で手軽にライブができるオールインワン・スピーカー

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

パワーアンプやミキサーからエフェクターまですべて内蔵!1台で手軽にライブができるオールインワン・スピーカー

オリジナルの曲が出来上がったら、それを誰かに聴いてほしいもの。ゆずやコブクロも、曲が出来るとすぐにストリートで歌を披露していたのは有名な話だ。そんなストリートライブや小規模なライブホールなどで手軽に、しかも高音質でライブを行なえるのが、ライン6から発売されている小型のオールインワン・スピーカー「StageSource  L2t」だ。

曲が出来たらライブをしよう!

登録楽器店で探す

このStageSource L2tの特徴は、パワーアンプやミキサーからエフェクターまで、ライブに必要な機能をすべて内蔵している点にあり、楽器やマイクを接続するだけで、すぐに本格的なライブが行なえる。

さらに、ライブで一番問題になるハウリングをスイッチ一発で解決できる「フィードバック・サプレッション機能」や、使用する環境や接続する楽器に合わせて簡単に音響を最適化してくれる「スマートスピーカー・モード」、エレアコにリアルな胴鳴りを加えて出力できる「アコースティック・レゾナンス・モデリング機能」など、プロのPAエンジニアが細かな調節を行なうのと同じ高度な音質調整を、スイッチ一発でいとも簡単に実現してしまうのだ。

楽器やマイク用/PA用/CDやMP3プレイヤー用という3タイプの入力端子を独立して装備している他、小規模なライブホールなら余裕の出力800Wの2ウェイのバイアンプ・スピーカーシステムを採用しているので、誰でも高音質かつ大迫力のサウンドで手軽にライブができる。

それでは、本機の便利な機能をさらに詳しく紹介していこう。

使用する場所や環境に合わせて様々なセッティングが可能!

StageSource L2tは、設置する場所に応じて、様々なセッティングが行なえる。
縦にしてメインスピーカーとして使用する以外に、横にして演奏者の背後に置いたり、逆に演奏者の前に置いてフロアモニターとして使用することも可能だ。その際に内蔵の加速度センサーが本体を縦に置いているか、横に置いているかを感知して、最適な音になるように自動的に調整してくれる。また、本体の底にスタンド用の穴が装備されていたり、斜めに傾けて置ける足が取り付けられていたりと、とにかくセッティングがスムーズに行なえるように設計されている

入力する機器や使い方に合わせて最適な音質に設定してくれる「スマートスピーカー・モード」

PA機器をいい音で鳴らすためには、接続する機器や設置する環境に応じて細かな調節を行なう必要がある。これをスイッチひとつで行なえるようにしたのが、本機の最大の特徴である、この「スマートスピーカー・モード機能」だ。

用途別に6種類のモードがプリセットされており、プロのエンジニアでなければ難しかった、会場や使用する機器に合う最適な音を、誰でも簡単に作ることができるのだ。

プリセットされている6種類のスピーカーモード

リファレンスPA フラットな周波数特性でありながら、低域を最大に拡張することができる、バランスの取れたライブPA向けのモード

キーボード 鍵盤楽器のモニターに適したモード。フラットな周波数特性と3.5kHzのクロスオーバー周波数が特徴だ

プレイバック 録音済みの音楽を再生する用途に最適化するモード。CDやMP3プレーヤーからの音楽再生やDJ用途に活用できる

アコースティックギター アコギに最適なモード。生楽器を増幅した際に起こるブーミーなクセを抑えるように低域特性をカスタマイズしている

フロアモニター 横置きしてフロアモニターとして使用した際に、床からの影響を補正したサウンドが得られるモード

エレクトリックギター ギターアンプのキャビネットに特有の、クセのあるサウンドをエミュレートしたモード

ハウリングを抑制してくれる「フィードバック・サプレッション」

ライブでPA機器を使う際、マイクやアコギの向きや音量によって、どうしてもハウリングが起きてしまうことがある。それも少しだけ音量を上げたい時や、演奏者が動いた時にハウリングが発生することが多い。そんな時に本機の「フィードバック・サプレッション機能」を使えば、スイッチ一発でやっかいなハウリングを防止することができる。

このスイッチをオンにしておくと、フィードバックが起きた周波数だけを最大12個まで自動的に識別して除去してくれるので、他の周波数の音質に影響を与えることもなく、音質面でも安心して使うことが可能だ。

エレアコに胴鳴りを加える「アコースティック・モデリング」

エレアコはラインでPA機器に接続できるため、ライブには非常に便利な楽器だが、ピックアップで弦の音を拾う構造上、どうしてもアコギならではの胴鳴り感を再現することができない。そのエレアコ特有のサウンドを、スタジオでマイク録音したようなふくよかなサウンドに変えてくれるのが、この「アコースティック・レゾナンス・モデリング機能」だ。

PODやVariaxでおなじみのライン6の高度なモデリング技術が投入されており、その音質は非常に自然でリアルだ。また、ボディツマミを右に回していくと、ボディのサイズ感も変えることができる。

最大3系統の入力に対応した充実のインプット端子

本機は、マイク/楽器/オーディオ機器など、接続する機器に合わせて選べる3系統の入力端子を備えており、すべてを同時に使用することができる。

サイドパネルにあるマイク/楽器用のチャンネル1とチャンネル2の端子は、XLRとフォーンのどちらのプラグでも接続できるコンボ端子を採用(写真1)。リアパネルには、外部入力用にRCAピンのステレオAUX入力とコンボ端子のLINE入力が用意されている(写真2)。

ライン6ならではの高品位なエフェクトを搭載

本機には、ライン6ならではの高品位なリバーブとモジュレーションという2種類のエフェクトが内蔵されている。それぞれに独立したコントロールを装備しているので、ボーカルに軽くリバーブをかけて声に艶を出しつつ、アコギにモジュレーションをかけて広がり感を加えるといったことも自由自在だ。さらに、それらとは別に3バンドのEQも装備されているので、細かな音質調整も本機だけで行なえる。

SPEC

【スピーカー】 ●方式:2ウェイ ●ユニットサイズ:10インチウーファー+1インチエグジット・コンプレッション・ドライバー ●最大出力音圧レベル:128dB SPL ●再生周波数帯域(ー10dB):44Hz〜19kHz
【入出力端子】 ●入力:XLR/TRSフォーンコンボ(ミキサー2ch、LINE 1ch)、 AUX(RCAステレオピン) ●出力:LOOP THRUアウト(ライン入力)、MIXアウト(全入力)【パワーアンプ】 ●最大出力:HF=175W(クラスAB)、LF=655W(クラスD) ●外形寸法:312(W)×603(H)×312(D)mm ●重量:17.7kg

StageSource L2tと組み合わせて使いたいオススメのアイテム

StageSource L2tと組み合わせて、規模の大きな会場や本格的なステレオサウンドで鳴らしたい時に最適なスピーカーが、このStageSource L2mだ。

StageSource L2tとの違いは、サイドパネルの2チャンネル・デジタルミキサーが省略されている点だが、それ以外はまったく同等で、LINE/AUX入力やスマートスピーカー・モード機能も利用可能だ。さらに、StageSource L2tとLINE 6 LINKケーブルで接続すれば、StageSource L2tの機能をフル活用したサウンドをステレオ出力できる。最大出力やスピーカー、外形寸法などはL2tと変わらない。

パワードPAスピーカーStageSource L2m

StageScape M20dは、アナログ入力×18+追加デジタル入力×2という豊富な入力端子と、7インチのカラー・タッチスクリーン・ディスプレイを装備したデジタルミキサーだ。ディスプレイには、入力した機器が実際のステージを再現したかのようなビジュアルで表示され、表示されたステージ上の機器や演奏者のアイコンをタッチするだけで素早く各パートの調整が行なえる。

また、ライン6ならではの高品位なエフェクトも数多く搭載されている他、StageSource L2tとはL6 LINKケーブルでデジタル接続することも可能となっている。

デジタルミキサーStageScape M20d