トップページ > 音楽業界で仕事がしたい!その夢に近づく早道がここだ!MUSIC SCHOOL GUIDE 2014

音楽業界で仕事がしたい!その夢に近づく早道がここだ!

MUSIC SCHOOL GUIDE 2014

 音楽を楽しんでいる人は、「音楽のプロになりたい!」という夢を持っている人も多いだろう。 しかし、ひと口に音楽のプロといっても、ミュージシャン、作曲家、アレンジャー、レコーディングエンジニアなど様々な職種があり、プロになるための方法にも色々な選択肢がある。 そうした様々なプロへの道の中でも、自分の努力次第で確実にプロに近づくことができるのが「ミュージックスクール」だ。  今回紹介しているスクールは、楽器テクニックやエンジニアリングのスキル、知識が学べるだけでなく、プロの現場ですぐに役立つ実践的なカリキュラムを採用しているところばかりなので、本気でプロを目指したいと考えている人にはまさに打って付けなのだ。  本特集を読んで気になったスクールが見つかったら、ぜひとも一度そこに足を運び、体験入学や学校見学をして自分の目でその魅力を確認してほしい。

ミュージックスクールってどんなところなの?

 まず、ミュージックスクールにはどんな種類があり、具体的に何を学ぶことができるところなのかの説明から始めよう。
 ミュージックスクールには大きく分けて、@一般的な大学と同じ4年制の「音楽大学」、A国の認可を受け、短期大学を卒業したのと同等に扱われる「専門学校」、B国の認可は受けていないものの自由なカリキュラムで専門分野を追求できる「音楽学校」の3つのタイプがある。最近ではミュージックスクールに通いながら通信制の高等学校で一般科目を学べる学校や、社会人や昼間は他の学校に通っているという人から人気の高い「夜間のコース」、特定の楽器のみのレッスンを受けられる学校など、様々なスタイルのスクールが誕生している。
 また、ミュージックスクールは、楽器や曲作りの知識や技術を教えてくれるのはもちろんだが、講師にはプロのミュージシャンや音楽業界で経験を積んだ人が多く、彼らの音楽業界との接点を活用して、在学中に業界を体験出来るインターンシップ制度や産学協同(企業と学校が共同で行なう)プロジェクト、さらにはオーディションへの推薦など、プロへ近づくための様々な道が用意されている。学校によっては、在学中に音楽の現場を生徒に体験させ、そのままスタッフとして採用されるという例もあるのだ。
 このように、ミュージックスクールは、楽器の演奏や作曲のスキルが上達するのはもちろん、こうした様々なチャンスに触れることができ、それを積極的に活かすことができるというのもメリットなのだ。
 学校選びのポイントだが、まずは、学校に一度行ってみるのがオススメ。どんな所にあって、どんな先生や生徒が通っているのか、それを感じ取ることが一番重要だ。特に学校説明会や体験入学会は、どんな授業が行われているのかまで体験できるので、ぜひ足を運んでみよう。

ミュージックスクールで目指せる音楽の仕事

  • 楽器演奏系
  • 楽器ビジネス系
  • クリエイター系
  • コンサート/イベント系
  • 01.ESP Music School

    ESP Music School

    アニソンやJ-POP、ハードロックなど自分が弾きたい曲で楽器が学べる

  • 02.音楽学校 MI JAPAN

    音楽学校 MI JAPAN

    プロの講師陣が音楽ビジネスの世界を切り開くスキルを教えてくれる!

  • 03.尚美ミュージックカレッジ専門学校

    尚美ミュージックカレッジ専門学校

    あらゆるジャンルの音楽に触れることで、広く活躍できる人材になれる

  • 04.洗足学園音楽大学

    洗足学園音楽大学

    音楽大学という特別な場所で過ごす
    自分の可能性を広げるための4年間

  • 05.Music school ウッド

    Music school ウッド

    趣味からプロ志望まで幅広く対応!
    作曲オーディション等フォロー充実

  • 06.日本ウェルネス高等学校

    日本ウェルネス高等学校

    音楽を中心とした学校生活で本格的にプロを目指せる高等学校!

  • 07.トート音楽学院

    トート音楽学院

    ボーカロイドやfinaleなど専門コースも設置。充実したコースが魅力の実践スクール

  • 08.音楽学校 メザー・ハウス

    音楽学校 メザー・ハウス

    作曲、アレンジ、DTM、ミキシング、トラックメイキングなど、最先端の制作の手法を学べる学校